グラン アレグリア。 グランアレグリアが優勝 8頭目の春秋マイルGI連覇―競馬マイルCS:時事ドットコム

【マイルCS】グランアレグリアが1番人気に応えG1を3連勝‼ 名手C・ルメールも3連勝 今季G1で7勝目:中日スポーツ・東京中日スポーツ

それでも3着だったことを考えると、善戦したと思うわよ。 まだ4歳。 それは知っている」。 4位に入線したが、5着に降着となった。 5勝中4勝がマイル戦じゃから距離はぴったんこじゃ。 秋初戦のスプリンターズSを制し、スプリント&マイル路線の絶対女王に上り詰めた。

>

■マイルCS「カス丸の競馬GI大予想」 グランアレグリアは牡馬に勝てるか?: J

「ただ、グランアレグリアはスプリンターズSでハイペースの追走に苦しんだように、生粋のスプリンターとは呼べません。 残り少ない産駒の中から、高松宮記念を優勝する快速馬が出現することに期待したい。 藤沢和師は「スムーズに抜け出せると思っていたけど、外に出すときにごちゃついた」とぶぜんとした表情だったが「それでも男馬相手に5着だからね。 検量室前に引き揚げてきたルメールは「頑張ったね」とパートナーの肩をポンポン。 阪神コースに限れば、GI勝ちに2着3着が1回ずつじゃ。

>

JRAグランアレグリア、ディープインパクト産駒「史上2頭目」の快挙“当確”。サンデーサイレンス超えの大チャンスも、まさかの「スルー」濃厚……

先週のラッキーライラックは早めに動いて、最後は迫られたがきっちり残った。 ルメールは「スタートがあまり良くなかったし、前半に行きたがっていた。 前走は天皇賞(秋)(GI、東京、2000メートル)に挑戦したんじゃが、9着じゃった。 あれは僕のせい。 年内は休養し、来年からは距離を延ばすプランも浮上した。

>

【マイルCS】グランアレグリアが1番人気に応えG1を3連勝‼ 名手C・ルメールも3連勝 今季G1で7勝目:中日スポーツ・東京中日スポーツ

カス丸 うーん、いろいろだじぇい。 この馬も3歳なんだけど、この秋に一叩きされたから成長も見込めるわよ。 また頑張ります」と気を取り直していた。 次にラウダシオンよ。 好位5番手から抜群の手応えで直線に向いたが、他馬の厳しいマークを受けて前がなかなかあかない。 断然人気のグランアレグリア(右)が強烈な脚を使って差し切りGI3連勝。

>

JRAグランアレグリア、ディープインパクト産駒「史上2頭目」の快挙“当確”。サンデーサイレンス超えの大チャンスも、まさかの「スルー」濃厚……

そして、管理する藤沢和雄調教師はもう少し距離を延ばしていく意向を示した。 だが、残り150mで進路が空くと、抜群の切れ味で差し切り勝ちを飾った。 先に抜け出した昨年の覇者インディチャンプ(2着)をあっさり差し切り、史上8頭目となる春秋マイルG1制覇を達成した。 着差は僅かだが、力の差は圧倒的 マイルGIとスプリントGIの2階級制覇につづき、今度は春秋マイルGI制覇。 今年の夏競馬で3歳が重賞クラスで古馬(4歳以上)の壁を崩せなかったといって、3歳のレベルを疑問視する声も出たもんじゃが、無敗3冠馬が2頭も出ておる世代じゃ。

>

グランアレグリアは藤沢和師が育てた最後の名馬になるのか 名伯楽は再来年2月定年に【本城雅人コラム】:中日スポーツ・東京中日スポーツ

阪神コースはゴール直前に急坂があるからグランアレグリアが天下一の末脚といっても鈍る危険があるわね。 もう一頭はヴァンドギャルドじゃな。 まるでルメール騎手の計算通りに、時が動いているようだ。 鹿毛の牝4歳。 その外のコースもインディチャンプの福永騎手の好判断で見事に奪われた。 直線は力で強敵をねじ伏せた。 天皇賞は少し長すぎたといえるじゃろ。

>

■マイルCS「カス丸の競馬GI大予想」 グランアレグリアは牡馬に勝てるか?: J

知らなかったでしょ? それに今回は5番人気くらいに支持を落とすでしょうから、穴党には狙い目なのよ。 ルメールが馬をリラックスさせた どんなに強い牝馬でも、近くにいる牡馬に終始プレッシャーをかけられる形になると消耗してしまう。 ルメールは今年のGI7勝目、そして牝馬の時代はつづく 手綱をとったルメールは、天皇賞・秋(アーモンドアイ)、エリザベス女王杯(ラッ キーライラック)につづくJRA・GI騎乗機会3連勝で、今年のGI7勝目を挙げた。 つまり勝ったときは、3か月は間隔を開けてるのよ。 だが、距離適性の問題を考えると、やむを得ないかもしれない。 勝ったレースをみると、レース前半が緩ければ末脚が活きるという傾向があるんじゃが、1800メートルあたりが限度なんじゃ。 「・G1」(5日、東京) 単勝1・5倍の断然人気に支持された馬を悪夢が襲った。

>

【マイルCS】グランアレグリアが1番人気に応えG1を3連勝‼ 名手C・ルメールも3連勝 今季G1で7勝目:中日スポーツ・東京中日スポーツ

なお、とは所属するキャロットクラブのホームページによると、レーンで調整中。 「3歳の頃はテンションが高かったけど、大人になった。 今秋のGIは、これで6戦全て1番人気馬が勝利。 最後の直線では前が塞がり絶体絶命かと思われたグランアレグリア。 馬主は(有)サンデーレーシング。

>