呪術 廻 戦 102。 【呪術廻戦】102話のネタバレと考察|呪術廻戦のネタバレ考察

廻 102 呪術 戦

蝿頭(ようとう) 4級にも満たない低い等級の呪霊で、手のひらや肩に乗る程度のサイズの個体が該当する。 あえて左手を使うのであれば、 この逕庭拳こそが勝負において重要になってくるかもしれません。

20
廻 102 呪術 戦

渋谷事変編ではで漏瑚・脹相と共に五条と交戦するも敗死する。 そして百鬼夜行当日、夏油は里香を手に入れるため、高専を襲撃する。

廻 102 呪術 戦

虎杖にとっても壊相を殺した事はかなり心に残る事だったんですよね。 耐久力が非常に高い反面、「目」に相当する小さい樹が弱点である。 場面は変わり、冥冥(めいめい)と弟の憂憂(ういうい) 特級特定疾病呪霊(とっきゅうとくていしっぺいじゅれい)「疱瘡神(ほうそうがみ)」との激しい戦いが繰り広げられています。

16
廻 102 呪術 戦

反転術式による傷の治療が出来る数少ない人物であり、高専卒業後にを取得した。 また、水を具現するために使う呪力を「満象」そのものに使い、巨大化させることも出来る。

2
廻 102 呪術 戦

小柄でかわいらしい見た目だが、機嫌を損ねた際は口が悪くなる。 疱瘡神の術式が明らかに 出典:週刊少年ジャンプ「呪術廻戦102話」 夏油が召喚した呪霊「疱瘡神 ほうそうがみ 」の相手をしている冥冥&憂憂。

廻 102 呪術 戦

また、味方のサポートとして、真希の呪具を持ち運びする。

3