天外 者。 西川貴教、『天外者』は”運命的”な作品「映画のなかで生き続ける春馬を、多くの方に観てほしい」 |最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS

者 天外

春馬くんの存在を介してみんなが一つになっている、そう思う。 作品をみて「放心する」って最上級の誉め言葉じゃないだろうか。 編集:• ファンは少しでも公開が長く続くようにと、映画館に足を運び、チラシを貼ってもらい、周りの人にも素晴らしさを語り、またSNSで宣伝する。

11
者 天外

僕は会社をやっていて、いろいろな経営者の方々にお会いする機会も多いんですが、その時に彼らのカリスマ性だけではなく、人間的な魅力や可愛さも感じたので、今回はそこを入れて、僕ならではの弥太郎を演じようと、向き合い直したんです」。 二人はなぜか、大勢の侍に命を狙われている。

17
者 天外

主な登場人物は、坂本龍馬、(初代内閣総理大臣で、お札でも有名な)伊藤博文、三菱財閥を築いた岩崎弥太郎、そして、大阪経済を発展させ日本経済のベースを作った三浦春馬さんが演じる五代友厚です。 笑顔一つとっても本当に多種多様なのだ。

18
者 天外

だから今回だけはあれは春馬くんだったって信じたい。 薩英戦争後、その身を解放された五代が横浜から長崎に向かう際に映し出される海は波が泡立っており、それは五代の心の不安を表現しているように思えた。 五代の存在は、朝ドラ「あさが来た」でのディーン・フジオカの好演で歴史に明るくない層にも広く知られるようになったが、映画の企画自体はドラマよりも早く2013年に市民有志によって立ち上げられたという。

5
者 天外

はる:• いやいやいや、私、そういうのわかる人じゃないし、信じる人じゃないのだけど、春馬くんそのものの後姿だったのだ。 プロの役者としての好奇心と探究心が勝ったのだろうとも思う。 すごくないですか?!公開されて3週間、そんなことってあるのかな?やはり作品の持つ力と草の根レベルの宣伝力の賜物なのかな。

者 天外

私が本作を見て思い出したのは、三浦春馬さんが1月下旬に書いた以下の名言です。 主人公の五代才助 のちの五代友厚 は、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、商都大阪の礎を築いていく。

18
者 天外

まだまだ発見できていないことがたくさんあるような気がするので、この雪の寒さに頭をさらして、感覚を鋭敏にして観に行きたいと思う。 人を放心させるほどの力を持つ、三浦春馬は、役者としての「天外者」というにふさわしい人物なのだ。

3