チョウチン アンコウ。 チョウチンアンコウ (ちょうちんあんこう)とは【ピクシブ百科事典】

アンコウ チョウチン

誘引突起をもつが、背鰭の他の棘条を欠いている。

19
アンコウ チョウチン

通称究極のヒモ、タンク チョウチンアンコウ科を含むチョウチンアンコウ上科には11科が知られているが、この特徴は科やオン科など5科で知られている。

7
アンコウ チョウチン

。 チョウチンアンコウと言えばオスがメスに寄生してだんだん吸収されていくことで有名ですが、それはミツクリエナガチョウチンアンコウなど一部の習性であって全部ではありません。 著書に「(主婦と生活社)」「(地人書館)」など。

4
アンコウ チョウチン

体は微小なトゲに覆われる。 誘引突起が著しく伸長しており、体長と同等かそれ以上に長いことがある。

8
アンコウ チョウチン

(えら)の孔は小さく管状で、普通は胸鰭よりも後ろに開口する。 頭部は非常に大きく、縦方向につぶれ平たくなっている。 概要 名前の「チョウチン」はを意味する。

4
アンコウ チョウチン

電気などが通っているわけではありません。 ・得する税金の処理方法を知りたい。 実はオスにはエスカを持っていないため、光らせてエサをおびき寄せることができません。

4