ひたちなか 市 図書館。 ひたちなか市立図書館

茨城県ひたちなか市の図書館一覧

勝田中原町 0• 西大島 0• 映像フィルムを281本(うちが22本、残りは)所有し、団体向けに映写機付きで貸し出していた。 (昭和60年)に2階部分を中心に増築した。 管理運営手法については、市ではこれまで直営で管理運営を行ってきたことから、検討は必要なものの新図書館も直営で運営する方針だ。 事務・管理ゾーンには事務作業室や会議室、更衣室などを配置。 脚注 [ ] []• 湊中央 0• 峰後 0• 茨城県の公立図書館としては44番目の開館だった。

>

ひたちなか市立図書館

貸出制限:ひたちなか市に居住・通勤・通学する者。 (平成27年)にはひたちなか海浜鉄道の協力を得て、車両を利用し、よみきかせ列車「3710としょかん号」を実施した。 1994年(平成6年)11月1日、ひたちなか市立那珂湊図書館に改称し 、勝田図書館の下部組織に位置付けられた。 (平成28年)、の「視覚障害者等用データの収集及び送信サービス」に参加し、学術文献録音テープ等の貸し出しを開始した。 これと前後して1999年(平成11年)に図書館の公式が立ち上がり、(平成15年)4月1日よりインターネットで蔵書検索が可能となった。 雨沢谷津 0• 後台 0• 堀口 0• 田彦 0• 石川町 0• やを着用して運転席でのも開催された。 富士ノ上 0• また駐車場については110台分のスペースを確保する計画。

>

ひたちなか市立図書館

ひたちなか市(旧勝田市)出身の俳優・は高校時代にとこの図書館に通った思い出があり 、池内の初作品『』の地となった。 『』ひたちなか市、2019年3月、11頁。 東本町 0• 建物は鉄筋コンクリート構造2階建てで、敷地面積は1,863. 閉架書庫は収蔵冊数25万冊程度とし、資料の保存に適した空調・照明とする。 老朽化が顕著であるとともに、狭あいであり市民ニーズに十分に応えているとは言い難い状況にある。 栄町 0• 2018年(平成30年)、公衆無線LAN(Wi-Fi)を提供開始した。 この企画は小学校低学年以下の子供と保護者を対象に、「を通じて列車に親しんでもらう」ことを目的として、那珂湊駅構内に滞泊中の車両の中での読み聞かせを行うというものであった。

>

ひたちなか市が中央図書館整備基本計画/規模5500㎡、集会・交流スペースも配備

建物は鉄筋コンクリート構造2階建てで、敷地面積は2,293. 翌(昭和49年)に勝田市立図書館として開館し、茨城県で9番目の公立図書館となった。 足崎 0• 津田分室 [ ] ひたちなか市立中央図書館津田分室(ひたちなかしりつちゅうおうとしょかんつだぶんしつ・ )は、茨城県ひたちなか市津田2732番地にある公立図書館。 一般開架ゾーンには中高生向けの居場所となる空間やインターネットコーナー、対面朗読室など配置。 東石川 0• その一方で両館がコンピュータを導入済みでシステムが異なっていた場合よりは、費用と時間がかからなかったのではないかという現場の声もあった。 津田コミュニティセンターの一角(床面積32. 「遠隔返却システム対象図書館を拡大 県立図書館」読売新聞2004年1月13日付朝刊、茨城版27ページ• 海原文庫 [ ] ひたちなか市のからの寄付金で購入された図書によって構成された文庫で、2017年(平成29年)現在、9つの書棚にずらりと本が並んでいる。 館名は旧市名を冠した方が親しみやすく分かりやすいという考えから 、それぞれひたちなか市立勝田図書館、ひたちなか市立那珂湊図書館となった。

>

茨城県ひたちなか市の図書館一覧

(平成元年)、新館の開館10周年を記念して、による講演会を開催した。 2018年(平成30年)に行われたアンケート調査によると、18歳以上の市民の45. 75 m 2 m 2 開館 1999年(平成11年)10月2日 所在地 〒312-0062 茨城県ひたちなか市高場1362番地1。 深谷和子・木滝正雄・海野京子「市町村合併で図書館はどうなったか? 「街がたり人がたり 表現者 心の原風景支えに初監督」朝日新聞2005年5月3日付朝刊、茨城版27ページ• 館長は中央・那珂湊・佐野の各館に配置され、那珂湊・佐野の館長は、中央図書館長の下位に位置付けられている。 (昭和53年)3月1日、新館が竣工し、同年に新館が開館した。 (平成9年)には用地確保と設計がなされ、1999年(平成11年)に竣工、同年10月2日にひたちなか市立佐野図書館として開館した。 両館がそれぞれ設置していた分室もそのまま引き継ぎ、勝田市が計画していた分館の設置構想も継承した。

>

茨城県ひたちなか市の図書館一覧

(平成13年)、水戸広域市町村圏の広域利用が開始され、周辺15市町村との間で相互利用が可能となった。 (平成26年)、図書館協議会は「ひたちなか市立図書館の今後のあり方」を答申し 、中央図書館の建て替えを提言した。 青葉町 0• 長堀町 0• (昭和61年)、コンピュータによる貸し出しを開始し、(昭和63年)4月1日、津田分室を開設した。 湊本町 0• 配本所名 配本冊数(冊) 貸出冊数(冊) 備考 市毛コミュニティセンター 2,919 289 前渡コミュニティセンター 2,162 58 田彦コミュニティセンター 2,917 973 大島コミュニティセンター 2,185 91 一中地区コミュニティセンター 2,401 217 平磯学習センター 1,708 83 総合福祉センター 1,522 575 金上ふれあいセンター 4,521 1,016 那珂湊児童館 1,629 1,205 那珂湊図書館 [ ] ひたちなか市立那珂湊図書館 施設情報 正式名称 ひたちなか市立那珂湊図書館 前身 報恩会図書館 那珂湊市立図書館 専門分野 総合 事業主体 ひたちなか市 管理運営 ひたちなか市教育委員会 延床面積 890. 14 m 2 m 2 開館 (昭和49年) 所在地 〒312-0044 茨城県ひたちなか市元町5番3号 位置 : JP-1000470 統計・組織情報 蔵書数 237,994冊 (2018年3月31日 時点) 貸出数 400,817冊 (2017年度 ) 来館者数 278,855人 (2017年度 ) 貸出者数 91,499人 (2017年度 ) 条例 ひたちなか市立図書館設置及び管理条例(平成6年11月1日ひたちなか市条例第130号) 館長 笹沼義孝(2018年5月現在 ) 職員数 22人(2018年4月現在 ) 公式サイト - ひたちなか市立中央図書館(ひたちなかしりつちゅうおうとしょかん)は、茨城県ひたちなか市元町にある公立図書館。 2017年(平成29年)までに寄せられた寄付は1770万円に上り、5,680冊が購入され、それまでにしかなかった専門書が入荷するなど、市民の知識欲を満たす文庫になっている。 。

>