It 資産 管理。 株式会社ディー・オー・エス

IT資産管理、ツールとベンダーの正しい選び方~推奨機能の詳細資料も無償ダウンロード提供~ (1/3):実践! IT資産管理の秘訣(7)

IT資産管理を簡単に• 12」をご紹介するを追加しました。 導入から運用まで手厚いサポートが充実しており、成果をしっかりと出せることから、継続利用率93%以上を誇る。 固定資産の会計処理においては、年に1度以上、ソフトウェアの利用実態に合わせてソフトウェアを無形固定資産として計上する必要があるため、ソフトウェアの利用状況を調査します。 また近年はライセンス監査や労働管理のようなコンプライアンス違反を回避するためにIT資産管理システムを導入する企業が増えています。 30日間の無料トライアル期間あり。 「IT資産管理」「セキュリティ対策」「コンプライアンス遵守」という3つの役割をこなすオールインワンを実現し、情報システム担当者にとって必要となる機能を網羅的に備えているのも魅力。

>

情報資産とは何か?情報資産管理のリスクと把握しておくべきこと|PC管理、セキュリティ対策コラム

IT資産管理ルールを徹底すれば、そもそも不正ソフトウェアがインストールされることも防げます。 管理を効率化させるための機能が充実しており、例えば新しいソフトウェアのインストール情報をインベントリツールで検知された際、割り当て可能なライセンスを自動的に割り当てられる「ライセンス自動割当て」機能や、デバイスの利用者、ライセンスや媒体の管理者が異動した場合に自動で当該ユーザーの異動先に資産を移動させる「資産の自動移動」機能などが有効。 IT資産管理ツールにはファイル配布機能がついているものがあるので、更新プログラムを配布して自動で実行させればインストールやアップデートが効率よく行えます。 MCore(住友電工情報システム株式会社) (出所:MCore公式Webサイト) 住友電工グループでの使用を前提に国内で自社開発された、高い信頼性とスケーラビリティを備えたIT資産管理/セキュリティ管理統合システム。 また運用上の発生する疑問やお困りごとにはヘルプデスクがサポートしますので安心してご利用いただけます。 コンプライアンス違反の回避• 他社のIT資産管理ツールを使っていても問題ありません。

>

IT資産管理とは

ぜひ用途に合わせた導入をご検討ください。 また、操作ログ管理機能を備えていれば、問題が発生した時点で、都度対応可能となり、むやみに制御機能を設ける必要がないため、業務効率を下げることなくセキュリティポリシーを遵守することができます。 一方で網羅すべき管理項目が多岐にわたり、常に情報を最新のものに保つ必要があるため、すべてを手動で管理するのは現実的ではありません。 主な機能には「台帳管理機能」「インベントリ収集機能」「統合運用管理機能」があります。 知らないうちにソフトウェアを不正使用している恐れがあります。

>

IT資産管理とは?実施する理由や実施方法をわかりやすく解説!|ITトレンド

台帳システムの中には、インベントリ機能を提供しないものもありますが、逆にインベントリツールはどれであっても組み合わせ可能なものもありますので、インベントリツールを持っていて、さらに管理の効率化、高度化を図ろうという場合には、台帳システム部分だけを調達することも可能です。 オンプレミス型 自社でサーバを用意し、自社で運用する方式です。 仮想化やクラウド、サブスクリプション、RPAなどにも対応。 03 ソフトウェアとライセンスを一元管理 目標:リアルタイムで最新情報を維持し、ソフトウェアライセンスの使用状況を最適化します。 04 『キッティング自動化ツール「SetROBO」』の販売代理店となりました• 基本的なIT資産管理機能は標準搭載で、オプションでログ管理や運用支援機能を付加できるため、コストを抑えられます。 05 資産に関するさまざまなレポートを作成し、状況を把握し、必要に応じてKPIを更新 目標:適切なKPI(重要業績評価指標)を設定、追跡して、より良い意思決定を推進します。 03 『システム延命サービス』の販売代理店となりました• 企業や組織に携わる全員への理解と周知徹底も大事 日々の業務や作業で扱っていると、そのデータが情報資産であると意識しにくい方もいらっしゃいます。

>

IT資産管理関連サービス / マネージドITサービス

8」を、3月初旬にリリースします。 2010. 【瞬間導入】かんたん設定で、最短1日で運用開始可能!• また、資産の移動や台帳からの削除を自動化し、既存のインベントリーツールがあればそれを連携することも可能です。 03 次世代型顧客獲得ツール『Navigator』の販売代理店となりました アプライアンスサーバーの24時間365日オンサイト保守を受託• 台帳ツール 1. Asset View(株式会社ハンモック) (出所:Asset View公式Webサイト) 組織内のクライアントPCの情報を収集する機能に加え、クライアントPCの設定コントロールや制御・警告・ウイルス対策などを行ってくれるトータルクライアントソリューション。 2018. オプションでMac管理やモバイルデバイス管理 MDM 、BitLocker管理の機能も利用可能。 ソフトウェアの種類だけでなく、それぞれのバージョンや更新状況、セキュリティに関わるウィルス対策ソフトの場合は、すべての端末にインストールされているかの確認だけでなく、正しく機能しているかまでも管理しなければなりません。

>

セキュリティ管理|IT資産管理ツールを機能で比較|IT資産管理の窓口

日々の業務の中での顕在化した課題、潜在化している問題を的確に解決する必要があります。 ハンモックの「AssetView」や、エムオーテックスの「LanScope Cat」、インターコムの「MaLion」、住友電工システムソリューションの「M-Core」、JALインフォテックの「Pallet Control」、クオリティの「QND」、南日本情報処理センターの「Secure Seed」、Skyの「SKYSEA Client View」、ディー・オー・エスの「SS1」などがこれに当たります。 紙ベースの書類の場合でも可能な限り電子化すること、検索や保存、管理しやすくしておくようにしましょう。 IT資産台帳として利用。 ICT環境を最適化する改善提案! オフィスのICT環境はめまぐるしく変わります。 仮にトラブルが発生した際、どこに原因があるのかも特定しやすくなります。

>

IT資産管理とは|IT資産管理の基礎知識|IT資産管理の窓口

自社に合ったシステムを導入して、IT資産を適切に管理! IT資産管理ツールは製品によって搭載されている機能が異なるので、慎重に選びましょう。 一方、ユーザー部門とIT部門が分離していると、上手くリクエストを伝達できなかったり、対処に時間がかかったりすることも事実です。 各ソフトウェアのライセンス状況を確認することで、システム連携をふまえた長期的な運用計画を立てられます。 例えば、インストール申請が上がり、許可されたにもかかわらず、インストールされるべきソフトウエアがいつまでたってもインストールされない場合、そのライセンスは無駄に消費されることになるわけですが、こういった状況を確認することも運用管理ツールやインベントリツールでは困難です。 それぞれの特長や機能を比較いただきながら、自社に最適な IT資産管理ツールの導入検討にお役立てください。 KNT-CTホールディングス 株式会社 グループ企業、営業所に設置されているPCを、管理側で常に把握できるようになりました。

>