クラフィ 宮沢 賢治。 名著63 「宮沢賢治スペシャル」:100分 de 名著

宮沢 賢治 クラフィ

花巻の吉田印刷所に持ち込み1000部を自費出版した(定価2円40銭)。 佐藤泰正(編)『別冊国文学No. 帰郷後のこと 賢治が上京の年の9月、妹トシ子さんが病気であると聞いて、東京を引きあげて帰郷した。 その子の二代目右八の代ではますます盛んになり、京都大阪からも仕入れをしていたという。

12
宮沢 賢治 クラフィ

ことに求道的ともいうべく、中学生時代から仏教に接近し、仏教講話、経文などを好んで研究した。 『日本経済新聞』朝刊2018年7月17日(文化面)2018年7月27日閲覧。 これらの作品のほとんどは自らの作品のエスペラントへの翻訳、改作である。

6
宮沢 賢治 クラフィ

寮で同室になった1年後輩のと親しくなる。

3
宮沢 賢治 クラフィ

- の研究家。

6
宮沢 賢治 クラフィ

4月28日 - 徴兵検査で第二乙種合格、兵役免除。 下、『雨ニモマケズ』は的に受け取られ、求道者としての賢治像ができあがった。

11
宮沢 賢治 クラフィ

法華経は島地大等氏の教席にも出て、またその編著『妙法蓮華経』を愛読した。 山根知子は、トシの生前には既存の特定宗教に帰属する信仰が強かった賢治が、トシの死後に執筆したとされる著作(『』や「」)や手紙では、「宗教の根底で通じ合う価値観」や「宇宙意志」といった、トシが成瀬仁蔵や(『自省録』に著書からの引用がある)を通じて形成した宗教観・死生観に接近したとしている。

4
宮沢 賢治 クラフィ

書き始めは一人称を「私」としていたが、途中からは自身を「彼女」という三人称で記している。 童話であろうが、心象スケッチであろうが、短歌、俳句であろうが、法華経の正しい信仰をもった作者が、その信仰のやむにやまれぬ発露として表現された芸術的作品を、法華文学といったように思う。 萩原朔太郎の詩集『月に吠える』に出会う。

20