阿部 和 重。 阿部和重「□(しかく)」書評 ホラー映画への偏愛が凝集|好書好日

和 重 阿部

第104回 「」• A面 Man in the Mirror B面 Geronimo-E, KIA この二つの短編は、どちらも外国の地の描写から始まり、壮大な語りへと急上昇し、くだらないオチへ向けて落下する。 2020年6月5日 を更新しました。 それはたとえば、本作にも如実に窺われる「擬似ドキュメンタリー」的な表現に対する阿部のスタンスの変化である。

和 重 阿部

こういう本を現代人が読んで、感銘を受ける。

和 重 阿部

読者もなんだかわからないがお預け感を作者から受け取ることになる。 2020年2月10日 を更新しました。 自主映画づくりのかたわら、20歳ごろから小説に取り組み、1994年(平成6)「アメリカの夜」(応募時のタイトルは「生ける屍の夜」)で『群像』新人文学賞を受賞。

17
和 重 阿部

それでも意味は何とか理解できたので、必ず読まなければならないということにはならないだろう。

和 重 阿部

「シンドラーのリスト」という映画の脚本は、最初は原作者が書いたのですが、スピルバーグは気に入らなかった。

19
和 重 阿部

歪んだ欲望を満たそうとする登場人物が多く、これも娯楽の少ない閉ざされた空間であることの表現のひとつなのかなと思いました。 さほど長くはありませんので、読んでみていただきたいです。

12
和 重 阿部

「公爵夫人邸の午後のパーティー」• 短編集。 妻は作家の。

和 重 阿部

第151回 「」• 高校生の通学列車で〈戦争〉が勃発。

18
和 重 阿部

第136回 「ひとり日和」• たくさん本を読むと、ああ、こういうのが自分が今読みたい本なんだというのがわかってくる。 そういう風にもフィクションは機能し得るものじゃないかと思いますね。 追跡者(2014年1月1日、朝日新聞広告特集「もう一人のたち」)短編小説• 自己探求の物語に新たな伝説が加わる。