代 襲 相続。 代襲相続とは?その仕組みを解説 [相続・相続税] All About

襲 相続 代

なお、 普通養子縁組における養子は実親の相続人となりますが、 特別養子縁組における養子は実親の相続人とはなりません。 この場合、代襲相続人は欠格事由に値するため、被相続人のひ孫(代襲相続人の子)が法定相続分の再代襲相続をします。

1
襲 相続 代

代襲相続とは 代襲相続とは、被相続人(財産を遺す人)が亡くなった時、本来相続人になるはずだった人が先に亡くなるなどしていた場合に、その子や孫やひ孫(直系卑属といいます)が代わって相続人になるという制度です。

18
襲 相続 代

先に甥姪が亡くなっていても再代襲できない 兄弟姉妹からの代襲相続は887条3項を準用しておらず、代襲相続ができるのは「(被代襲者の)子」までに限られています。

9
襲 相続 代

例えば、相続人が「子」である場合には、さらにその子である「孫」が代襲相続人となります。 代襲相続人は、被相続人の子からの代襲の場合と兄弟姉妹からの代襲の場合とで、なれる人の範囲が異なっており、どこまで代襲相続が続くかも違います。

襲 相続 代

これを 代襲相続といいます。 配偶者と子が相続人の場合について、具体的な相続の仕方を確認しましょう。

17
襲 相続 代

2.代襲相続が起こるケースごとの相続分 この章では、代襲相続が起こるケースごとに、それぞれの相続人の相続分がどのようになるかをご紹介します。

8
襲 相続 代

何代にもわたって代襲相続が発生する「子どもや孫など」のケースとは異なるので、押さえておきましょう。

10
襲 相続 代

民法887条 第2項 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当(=相続欠格事由に該当)し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。 このあとの説明では、死亡などの理由で相続できない相続人を「 被代襲者」、代襲相続によって相続人になった人を「 代襲者」と呼びます。 たとえば一般的に被相続人に子どもがいなければ第2順位の親に相続権が移りますが、子どもが先に死亡していて孫が代襲相続する場合には親は相続人にならないのです。

10
襲 相続 代

このとき、相続人として財産を取得するのは配偶者・A・Cの3人だけになりますが、相続税法上はBの放棄をなかったものとして相続人を4人とし、基礎控除を計算することになります。 <関連記事> 2-1-2.お腹の中の胎児は再代襲相続人になれる 被相続人が亡くなった時、まだ 生まれていないお腹の中の胎児でも再代襲相続人になれます。