地震 予知 オカルト。 動物の第六感を使った「地震予知」に初成功! 科学がオカルトを証明する (3/3)

予知 オカルト 地震

1日3度、宮津港の決まった場所から、栗田半島の高峰を見つめ、様々なデータをノートに書き込んでゆく。 ここである人物から椋平は手紙を受け取る。 日本における震度1以上を観測した地震(以下、有感地震)数は、概ね年間2,000回程度あり、平均すれば日本で一日あたり5回程度の有感地震が発生していることとなります。

18
予知 オカルト 地震

すぐです。

10
予知 オカルト 地震

自然災害を予測すことは難しいが、様々な情報を知ることによって万が一のシチュエーションを想像し、事前に最前の準備をしておくことは可能だ。 東日本大震災から丸6年が経過しましたが、依然としてその余震活動は続いており、さらに発生が近いとされる「南海トラフ巨大地震」をはじめ、小田原沖周辺など新たな巨大地震の発生が囁かれているエリアは多く、予断を許さない状態が続いています。 しかし、捨てる神あれば拾う神あり。

20
予知 オカルト 地震

些細な体調の変化に敏感に反応するし、その都度偶然どこかで地震が起きていたら「地震と体調不良が連動している!??」と勘違いしちゃうのもしょうがない。

予知 オカルト 地震

どれだけ科学が発達しても、地震の予知は困難なことなのです。

3
予知 オカルト 地震

2017年11月11日宮城県沖マグニチュード4. 更に2015年5月に関東で発生したM5. そんな中、最新の地震予知・予測の手法を用いて、数々の地震発生を的中させている人物が、フジTV系『Mr. 科学で予知することが困難のため予知をしようと思ったら オカルトによってしまうのは当然のことでもあるでしょう。 また昔の予知夢が神や祖先が言葉でお告げをするという形が多いのに、近年の予知夢はバラエティに富み具体的です。

19
予知 オカルト 地震

大規模な予算が投入され、多くの優秀な学者が動員されても不可能だったこと。 これに関しては後述する。 過去の巨大地震の前には鳥が家の壁にぶつかって 落ちていたという話もあるのです。

18
予知 オカルト 地震

村井教授は、地震の多い日本に「地震予測」は欠かせないものであると考え、2013年1月に「JESEAジェシア(地震科学探査機構)」を立ち上げ、メールマガジンの配信をスタートさせました。 相変わらず『心霊術』であるとの評価は覆されておらず、懐疑的な者も多かった。