戦国 武将 ランキング。 最強の戦国大名【裏】ランキング |BEST TiMES(ベストタイムズ)

戦国武将のイケメンランキング20選!美形・かっこよさの基準は?

そんな「武田勝頼」は、織田信長より強い武将であったと言われていますが、名将、愚将どちらの説もあります。 そうです。 歴史、経済、サブカルチャー中心に取材、執筆活動を続ける。 織田信長も落とせなかった城を落としたのです。 「あなたが最も好きな戦国武将は誰ですか? 生年が1454年なので、現役で活躍していたのは織田信長や羽柴秀吉の時代よりずっと前です。

>

【刀剣ワールド】人気の戦国武将ランキング

前田利家、柴田勝家といった屈強な家臣を統率したことも評価されています。 6位 立花宗茂 強さのポイント 統率力 8. 第11位 加藤清正かとうきよまさ(肥後:熊本) 獲得ポイント638,579pt 享年50歳 秀吉の家臣で虎を退治したと言われる猛将 熊本城、名古屋城、江戸城を作った築城の名手 西南戦争で熊本城に立てこもった政府軍を西郷隆盛も落とせなかった。 大政所も侍女たちも直政の紳士的な振る舞いや美男ぶりにすっかり心を奪われ、 帰る際には直政に護衛を頼んだんだとか。 信長の父・織田信秀の時代から織田家に仕えた猛将で、信長に従って数々の合戦に参陣し武功を示しました。 なので、生まれは秀吉の天下統一後になるため、戦国時代の人物として良いのか微妙な部分ですが、大坂夏の陣に参戦していますので、ランクインさせてみました。 また、武勇にも優れ、特に鉄砲は名人級で、100発100中の腕前だったと伝わります。

>

歴史のプロが選ぶ1番強い戦国武将ランキングベスト15【Qさま調べ】

家康が関東に移ってからは関東代官頭に任命されます。 この方もエピソードを挙げ始めるとキリのない武将ですが、以外ではでを説得し、させたという話が有名でしょう。 カテゴリー• 実父に高橋紹運、義父に立花道雪という、ここまででも紹介した大友家を代表する猛将2人を父に持つ立花宗茂は、この2人の父に劣らぬ名将として若くからその名を知られていました。 なので、戦国時代初期の人物です。 そのうえで、 「最も長く生きた武将は誰だったのか」についても確認してみたいと思います。 知恵を生かした奇襲が得意で、厳島の戦い(1555年)では嘘の情報を流し奇襲攻撃に成功。

>

戦国武将総選挙結果速報!ランキング順位優勝は誰?テレ朝12月28日放送

義弘も例によっていろんな武名(たとえば九州での戦いなど)がありますが、書いてくとキリがないぐらいなので割愛します。 諸説もありますが、長寿ランキングです。 織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった誰もが知る武将から、 大河ドラマで人気を博した真田幸村や直江兼続、前田利家、毛利元就など、 さまざまな戦国武将がランキングに登場。 10位 本多忠勝 強さのポイント 統率力 8. 徳川家直轄の150万国を実質的に支配し、里程標を考案したり、土地台帳を作成したりと、現代にも通じる優れたシステムを作りました。 また、貴族や僧侶などの文化人との交流も多く、 彼らにひけをとらないほど賢く品のある人物だったと言われています。 安土桃山時代から江戸時代前期を生きた戦国武将「豊臣秀頼」(とよとみひでより)。

>

歴史のプロが選ぶ1番強い戦国武将ランキングベスト15【Qさま調べ】

そしてこの戦で一番多く手柄をあげたのは可児才蔵! 笹の葉を含んだ首を見た他の武将達は、さすがは歴戦の勇者である!と才蔵を褒めたたえたといいます。 北条綱成は「地黄八幡」の旗印で周辺諸国に恐れられた猛将で、有名な「河越夜戦」では、扇谷上杉、山内上杉、および古川公方連合軍8万人に包囲された河越城に籠城して長期間持ち堪え、北条本隊の援軍の夜襲に呼応して城外へと打って出て、大軍を完膚なきまでに叩きのめしています。 リクナビNEXTのメールマガジン「かしこい転職プロジェクト」(毎週月曜日と木曜日に約80万人に配信)内と、リクナビNEXTページ上で募集を告知し、1月28日~2月10日の間に821もの応募をいただきました。 多羅尾光太 95歳。 9位 毛利元就 強さのポイント 統率力 8. たった16名で城を奪ったそうです。 大道寺直英 91歳。 武田24将という24人の家臣団をつくり、決選前には必ず集まって緻密な戦略を立てたと言います。

>

最強の戦国武将は誰?強い戦国武将ランキングTOP30!2020年

その後も兄に代わって謀反を起こした黒田秀忠を討つなどの活躍をみせた景虎を晴景に代わって当主にしようという動きがあり、1548年に19歳で晴景と養子縁組をしたうえで長尾家を相続、長尾家の当主となります。 また、信長は経済政策にも力を入れており、その政策の1つとして「楽市楽座の法」の発令が挙げられます。 では17人もの首を取りました。 TOP5 5位 島津義弘 強さのポイント 統率力 8. 生涯現役として馬を乗り回した才三ですが、関ケ原の戦い以降は出陣する回数も減っていきました。 9位:島津家久 第9位は、薩摩島津家の猛将・島津家久です。 この関ヶ原の合戦での傷がもとで2年後に亡くなります。

>

戦国武将のイケメンランキング20選!美形・かっこよさの基準は?

戦国武将ランキング 戦国時代を生き抜いてきた戦国武将達は、有名な逸話や名言を持っており、それが戦国武将の特徴や魅力のひとつと言えるでしょう。 この時、京都入りを目指して攻め入ってきた今川軍は2万5000人、迎え撃つ信長軍は3000人程度でした。 またも積極的に推進しましたし、とにかく革新的な政策が次々思い浮かぶのは本当に凄いなと思います。 9位 本田忠勝 「 徳川三傑」にして「 徳川四天王」、 そして「 徳川十六神将」。 「天王寺合戦」では、木津の砦を守備していたともされ、織田方の大将・原田直政を討ち取る活躍を見せています。

>