雪辱 意味。 雪辱を果たす 屈辱を晴らす

【屈辱】と【雪辱】の意味の違いと使い方の例文

仕事で恥をかいちゃった同僚から「私、あの時、とっても悔しかったの……だから絶対に、雪辱を晴らす!」と、打ち明けられたら「すごい決意!」と、感心しちゃう方もいるはず。 答え:A• その他にも、「昨年の雪辱をかけて今年の全国ツアーに挑んだ」「〇〇選手、昨年の雪辱なるか」「日本にとって雪辱を懸けた舞台になる」「次の試合で雪辱を期す」「雪辱を期して挑んだ」「気持ちが伝わってくる素晴らしい雪辱戦だった」などがあります。 「雪辱」という精神的な雰囲気の言葉には、そぐわない感じがします。 (2018年11月20日) 社会人野球の日本選手権に出場するチームが「夏に都市対抗出場を逃した雪辱を期す」という記事を読んで、「雪辱」とはこういう場合でも使えるのだろうかと疑問を持ちました。 そんなちょっと面白い漢字のひみつを、漢検準一級を持つサンキュ!STYLEライターのdanngoさんが紹介します。 そのせいで意 味の理解も曖昧になっていませんか。 果たす…やり遂げる• 競い合いにおいて、負けたことのある相手に勝つことで汚名をはらすというときに使うことが多いです。

>

雪辱を果たす 屈辱を晴らす

The action of hurting or harming someone in return for an injury or wrong suffered at their hands. しかし、「雪」という言葉が使われていることをちょっと不思議に思いませんか? 雪辱の「辱」はわかりますよね。 名詞の場合は日本語の「雪」と同じです。 辱めをぬぐい去る、という意味で「雪辱を果たす」です。 ちなみに、分かりやすい例を挙げると、米国の「」も、公共の正義のために、個人的な動機は脇に置いておいて(「自分事」は後回しにしてでも)、社会に横行する悪を打ち負かすから「アベンジャーズ」であり、「ヒーロー」なのである。 「屈辱」という言葉からもわかるように、「辱」という漢字には「恥」という意味があります。 とある調査によると「雪辱を晴らす」と間違えて覚えていた人のほうが、正しく覚えている人より多いらしいですよ。 二児の母で、子育て関連の記事を書くのが得意です。

>

「雪辱」の「雪」ってどういう意味?身近な漢字に隠された意外な意味とは

スポーツや選挙など、勝負の世界においてよく使われる表現です。 屈辱の対義語 屈辱の対義語・反対語としては、業績や行動を褒められたりして名誉に思うことを意味する「光栄」、能力や行動について、良い評価を得ていることを意味する「名誉」、輝かしい誉れを意味する「栄誉」などがあります。 「汚名挽回」「汚名回復」は間違いで「汚名返上」と使うのが正解。 ちゃんと勉強・研究なさっている方のレスがあると良いですね。 雪辱を期す• 私としては、余計にややこしくなるので、「汚名挽回」は間違いで「汚名返上」が正しいとした方がスッキリする気がしています。 去年の不甲斐ない成績とは打って変わり、今年は優秀な成績を残した。

>

「雪辱」は どんな時?

「雪辱戦」とは「その相手と以前戦ったとき、負けて悔しかった気持ちを晴らすための戦い」を表します。 「雪辱」は嫌な思いを消し去りましたが、「屈辱」は嫌な思いをさせられることです。 嫌な思いを、消し去るということ。 そういわれてみれば、日本語においても音読みは同じ「さ行」で近いですね、 サツ、ショク、セツ (刷、拭、雪) 以前だったら、 する・ぬぐうと、ゆきって全然別ものじゃない!! と思ったところですが、今ならわかります。 その場合はリクエストする方法がありますがもしお近くに一般公開している大学図書館があればご覧になれるかもしれませんね。 意味が違ってきてしまうため、間違って使わないように気を付けてください。 本を読むのが大好きですが、一度読み始めると家事がおろそかになってしまうのが悩み。

>

「雪辱」の由来、語源などをお教えください。|漢字文化資料館

「雪辱」という言葉自体に「除き払う」という意味があるため、 「雪辱を晴らす」とすると意味が重なってしまいます。 Q0119 「雪辱」の由来、語源などをお教えください。 2つの漢字を合わせて、「恥を洗い清めること・前に負けた相手に勝って名誉を取り戻すこと」となります。 そのイメージは、私たちが現在抱いている、「きよしこの夜」の雪のイメージと、そうかけ離れてはいないのではないでしょうか。 ということで、 「 雪辱を晴らす」は間違い、 「 雪辱を果たす」が正しい使い方です。

>

「雪辱」の「雪」ってどういう意味?身近な漢字に隠された意外な意味とは

「雪辱」という熟語の成立には、そのあたりが関係しているのかもしれません。 更にいうと、雪がつもってあたり一面が真っ白になった様子をみた昔の人は「神様が世の中を掃除して、掃き清めてくれたようだ」と感じ「彗」という字を当てた、との説がある。 昔の人にとって、雪は「ほうきではく事の出来る雨」という意味。 これは、「すすぐ」「清める」と同様の意味です。 トピ主、つづき. つまり「雪辱」するというのは、良い状態になります。 つまり、雪には「汚名を除き、払う」という意味があるんですね。

>

【屈辱】と【雪辱】の意味の違いと使い方の例文

返上=与えられたものを自分から返すこと という2つの言葉を合わせて「自分に与えられた悪い評判を自分の力で返す」という意味になりますね。 2008 年以前の古い記事のため、ご留意ください。 「雪辱」の語源・由来 「雪」は「洗い清める。 雪辱の雪の字を使った別の言葉としては、無実の罪であることを証明することを意味する「雪冤」(読み方:せつえん)などがあります。 雪辱を誓い、四年後のオリンピックに向けて練習を重ねる。

>

雪辱、雪冤、『雪』という漢字が使われる理由

対して、 雪辱を果たすのは、積極的な行動で恥を払うことを言います。 英語でいうと? 意味 「雪辱」とは 、 「前に受けた恥をそそぐこと」という意味です。 屈辱の使い方 屈辱を使った分かりやすい例としては、「大学野球リーグで最下位という屈辱を味わった」「スタメン選手の中で最低評価の屈辱を受けた」「屈辱を糧に練習に取り組んだ」「昨年の屈辱を晴らした」「敗北の屈辱を乗り越えた」などがあります。 先日のプレゼンでは失敗したが、今回は汚名返上できるよう頑張ります。 屈辱と雪辱は対義語・反対語です。

>