繰延 税金 資産 と は。 繰延資産とは?会計上の繰延資産と税務上の繰延資産の違いは?

資産 と は 繰延 税金

将来において5年超にわたり一時差異等加減算前課税所得が安定的に生じることを企業が合理的な根拠をもって説明する場合、(分類2)に該当するものとして取り扱う。 それに対して、法人税等調整額は 費用の1つです。 翌期に解消される将来減算一時差異にかかる繰延税金資産は回収可能性がある。

4
資産 と は 繰延 税金

これを税効果会計では、「税金を前払いした」と考えます。 繰延資産とは、すでに支払った費用または支払いが確定している費用のうち、その支出効果が1年以上に及ぶもののことです。

2
資産 と は 繰延 税金

当3月期決算で、新たに(分類4)に該当する企業もあると思われ、(分類2)または(分類3)とできるかについての検討が必要となる。

18
資産 と は 繰延 税金

回収可能性とはどういうことか 回収可能性とは、将来、税金を減らす効果があるかどうか、ということを言います。

16
資産 と は 繰延 税金

次に、企業の分類の検討にあたり留意すべき事項を記載する。

9
資産 と は 繰延 税金

たとえば、ある年に不良資産の評価損を100計上したとします。 将来加算一時差異は、 その他有価証券の評価差額などですね。 合理的な見積もり可能期間(おおむね5年)を超える場合でも、当該将来減算一時差異の最終回収見込み年度までに解消されると見込まれる場合には、回収可能性がある。

11
資産 と は 繰延 税金

(2)過去(3年)において、重要な税務上の欠損金の繰越期限切れとなった事実がある。

7
資産 と は 繰延 税金

これが繰延税金資産であり、繰延税金資産は、有税処理をした課税所得に係わる税額を、繰延税金資産として資産計上することで、法人税等を減額させる効果がある これを税効果会計と呼ぶ。