環境 省 統一 精度 管理。 環境省、平成28年度環境測定分析統一精度管理調査の参加機関を募集

環境省、環境測定分析統一精度管理調査に関する平成22年度調査結果を公表|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

平成31年 2月28日 「調査結果報告書」へを掲載しました。 山梨県• (国立環境研究所)• また、今般得られた結果について、分析上の留意点等とともに、参加した分析機関にフィードバックすることを目的として、2月に東京、3月に大阪及び福岡で調査結果説明会を開催いたします。 5抽出液試料):イオン成分(アニオン3項目(塩化物イオン、硝酸イオン、硫 酸イオン)、カチオン5項目(カリウムイオン、ア ンモニウムイオン、ナトリウムイオン、マグネシウ ムイオン、カルシウムイオン)) (2)高等精度管理調査の調査項目 ・模擬大気試料2(捕集管吸着物試料):アルデヒド類(ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド) ・底質試料:フタル酸エステル類(詳細項目:フタル酸ジ-n-ブチル、フタル酸ジ-2-エチルヘキシル、フ タル酸ジシクロヘキシル、フタル酸ブチルベンジル 参照項目:フタル酸ジエチル、フタル酸ジプロピル、フタル酸ジイソ ブチル、フタル酸ジ-n-ペンチル、フタル酸ジ-n-ヘキシル) 分析機関からの回答は、地方公共団体が86機関、民間団体が271機関でした。 開催日程や参加応募方法等は下記のとおりです。 石川県• 海洋研究開発機構• 愛知県• なお、応募者多数の場合は、平成27年度環境測定分析統一精度管理調査に参加した機関を優先いたしますので、あらかじめ御了承ください。

>

環境省 令和2年度環境測定分析統一精度管理調査の実施について(参加機関の募集)

環境関連の震災情報• <申込期限> 令和2年7月17日(金)(当日必着) <申込先> 環境測定分析統一精度管理調査ウェブサイトのトップページ()の『お問い合わせ』より 3.問合せ先 一般財団法人日本環境衛生センター環境事業第二部(担当:佐々木、梶) TEL:044-287-0766 FAX:044-288-5232 ( 参考)環境測定分析統一精度管理調査の背景 我が国においては、大気汚染防止法、水質汚濁防止法等の法令に基づいて、環境基準の設定や汚染状況の監視、工場・事業場に対する排出規制、公害防止・環境保全に係る国・地方の各種計画等の策定等、様々な施策が実施されています。 なお、本年度の調査結果については、測定分析統一精度管理調査ウェブサイトのトップページの『お知らせ』に掲載しています。 兵庫県• 信頼性のある適正な環境測定分析業務を行うことが求められている今日、これらの制度を活かしながら精度管理に取り組んでいくことは益々重要となっていることと考えていまます。 (国立環境研究所)• 本調査は、近年では500前後の環境測定分析機関が参加する我が国でも最大規模の調査です。 環境測定分析の精度が確保されなければ、上記の法令や制度・施策の実効性が損なわれ、環境行政への社会の信頼を揺るがす事態となります。 ふっ素では蒸留前処理操作を実施しないために過半数が低値を示し、日常、適切な分析が実施されていない可能性が懸念されました。

>

国内エコニュース

山口県• 令和元年 10月31日 「調査結果報告書」内に掲載している「平成30年度環境測定分析統一精度管理調査結果 本編 」に誤りがございました。 今回、1)基本精度管理調査:廃棄物(ばいじん)試料の溶出試験による重金属類、2)高等精度管理調査:模擬水質試料の揮発性有機化合物、3)同調査:底質試料のダイオキシン類、を調査項目として実施。 国土交通省• 同調査は、環境測定分析の信頼性の確保及び精度の向上を図る観点から、分析機関の測定分析能力の資質向上を目指して、昭和50年度から毎年度実施しているもの。 奈良県• 要求要件 「業務に従事する者の類似業務 環境測定分析に関する外部精度管理調査、技能試験、講習会、分析機関の指導等に関する業務 の実績、本業務に関係する能力の資料、資格等を明示すること。 5抽出液試料)中のイオン成分については、良好な結果だった。 5の模擬分解液)(無機元素)】 <詳細項目>ニッケル、亜鉛、鉄、鉛及びアルミニウム <参照項目>マンガン、銅、カルシウム、ナトリウム及びカリウム 2.参加申込方法等 令和2年6月23日(火)から参加機関の募集を開始しますので、参加を希望される分析機関は、環境測定分析統一精度管理調査ウェブサイト に掲載している申込要領に基づいて、「郵送による方法」か「ホームページによる方法」をお選びいただき、下記の申込期限までに手続を行ってください。

>

環境省、環境測定分析統一精度管理調査に関する平成24年度調査結果を公表|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

」 において、新たに日環協の実施する技能試験も対象となったところです。 京都府• 秋田県• 本調査は、最近では500機関前後の環境測定分析機関が参加していますが、長期的な計画に基づいて、幅広い試料や項目を対象とするとともに、試料ごとに統計的な分析・評価を行い、その評価結果等を公表しています。 その結果、地方公共団体129機関、民間380機関から回答があり、全体的に良好もしくは相応な精度の結果となった。 令和2年 1月17日 「調査結果報告書」へを掲載しました。 滋賀県• 福岡県• 宮城県• (国土交通省)• 」 引き続き、これらの制度を活かしながら精度管理に研鑽を積み重ねていく取組が、競争参加資格要件等において評価されることとなるように、PR活動に取り組むこととしています。 (環境省)• (環境省)• (気象庁)• ほう素では測定方法によって平均値の違いがみられ、測定方法の選択が測定結果に及ぼす影響に留意する必要があることが示唆されました。

>

環境省、環境測定分析統一精度管理調査に関する平成28年度調査結果を公表|環境展望台:国立環境研究所 環境情報メディア

平成30年度水環境中の要調査項目等存在状況調査業務の競争参加資格の一つ ・提出書類の一つとして、「直近3年間(平成28年度、29年度30年度)のうちに1回以上、外部精度管理調査を受講(環境省水・大気環境局総務課環境管理技術室が行う環境測定分析統一精度管理調査や 一般社団法人日本環境測定分析協会が実施する技能試験など)していることが分かる資料(結果報告書の写し等)を添付。 広島県• (国土交通省)• 平成31年 2月1日 「調査結果報告書」へを掲載(更新)しました。 イギリス• 修正済みのに差し替えるとともに、深くお詫び申し上げます。 愛媛県• (環境省)• 本調査は、最近では500前後の環境測定分析機関が参加する我が国でも最大規模の調査です。 デンマーク• 併せて環境測定分析統一精度管理調査専用ウェブサイトにおいて、環境測定分析の精度向上に資する情報などを提供しています。

>

環境省_環境測定分析統一精度管理調査に関する平成29年度調査結果の取りまとめについて

(b)高等精度管理調査 【模擬大気試料】 模擬大気試料の室間精度CVは、参照項目の1,2-ジクロロプロパン(26. 岐阜県• 今回、1)基本精度管理調査:模擬水質試料におけるCOD、全窒素、全燐、TOC及びpH、2)高等精度管理調査:模擬水質試料がノニルフェノール、4-t-オクチルフェノール、LAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩)、大気試料が揮発性有機化合物、を調査項目として実施。 また、高等精度管理調査では、1)模擬水質試料:揮発性有機化合物(ジクロロメタン、トリクロロエチレン、1,4-ジオキサン)、2)底質試料(実試料):ダイオキシン類を調査項目として実施する。 今般、平成28年度環境測定分析検討会において、平成27年度の調査結果を取りまとめましたので、お知らせします。 (国土交通省)• 今年度も本調査を実施するため、令和2年6月23日(火)から同年7月17日(金)までの間、参加機関の募集を行います。 こうした背景から、環境省では、「環境測定分析統一精度管理に関する調査」を毎年度継続して実施し、環境測定分析機関による測定分析の精度の向上及び信頼性の確保を図っています。 茨城県• 長野県• また、長期的な計画に基づいて、幅広い試料や項目を対象とするとともに、試料ごとに統計的な分析・評価を行い、その評価結果などについても明らかにしています。 今般、環境省において発注業務として公告された「平成31年度環境測定分析統一精度管理調査業務[総合評価落札方式]」において、環境測定分析士の資格制度が、加点要素として評価されることとなりました。

>

環境省の発注する業務に「環境測定分析士」加点評価事例について

(産業技術総合研究所)• 北海道• (国土交通省)• また、調査結果に関して、説明会等を毎年度開催し、分析上の留意点や分析結果に関して分析機関に技術的な問題点等をフィードバックしています。 (環境省)• なお、今回の調査結果の説明会が平成27年7月に開催予定で、参加希望者を募集している(募集期間:平成27年6月5日~7月3日必着)。 静岡県• 岩手県• 環境測定分析の方法は、法令等によって公定法として規定されています。 令和2年 7月7日 「調査概要」へを追加しました。 外務省• (千葉県)• 岡山県• (環境省)• 平成28年度の基本精度管理調査では、廃棄物(ばいじん)試料の溶出試験による重金属類(鉛、六価クロム、銅、亜鉛)を調査項目として実施する。 開催予定や応募方法等は下記のとおりです。

>