Line の コロナ 調査。 LINEが利用者の体調調査 コロナ対策、国に情報提供 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

【LINEリサーチ】新型コロナウイルスの国内での感染に過半数が最も強い不安、収入が減っている/減りそうで困っているという回答も上位に 在宅勤務・テレワークの対応率は前回調査から2倍以上に増加|LINE株式会社のプレスリリース

第3回「新型コロナ対策のための全国調査」は、4月12日から13日に実施します。 アカウント名の左に「」があるものが公式のアカウントですので、必ずご確認ください。 5度以上の発熱がある従業員には特別休暇を付与し、出社を停止 - 海外から帰国した従業員は、原則14日間の在宅勤務を指示• 「LINE」公式アカウントよりメッセージが届きましたら、質問にご回答ください。 厚生労働省から発表されている結果につきましては、下記をご参照ください。 LINEは、4月5日から4月6日の期間、日本全国のLINEのユーザー8,300万人を対象に、第2回「新型コロナ対策のための全国調査」 を実施いたしました。 時間のかからない質問であれば、多くの方が参加できるはずです。 家にいる時間が増え、家のことが気になってしまうのは男女ともに共通のようです。

Next

第4回 新型コロナウイルス対策のための全国調査にご協力ください|LINEみんなの使い方ガイド

LINEが厚労省と「新型コロナウイルス感染症のクラスター対策に資する情報提供に関する協定」を締結したのは調査前日の30日だった。 その方が、早く解決し、すっきりすると思います。 さらに、ヤフーを傘下に持つZホールディングス(以下、ZHD)との経営統合後はどんな方針を打ち出していくのか。 LINEのプッシュ通知で配信するため、ユーザーがリアルタイムで回答しやすいだけでなく、スマートフォン上で回答しやすい画面設計を行っていることで、効果的に調査を実施することが可能です。 更新履歴 2020-07-06 (最新の更新箇所を赤字で記載) 2020-05-25 2020-05-12 2020-04-30 2020-04-14 2020-04-13 2020-04-08 2020-04-03 2020-03-30 2020-03-26 2020-03-24 2020-03-16 2020-03-06 2020-03-04 2020-03-02 2020-02-28 2020-02-25 公開• 学生は「身体・健康について心配している」と回答した割合が最も低く18. 『以前はやっていたけれども控えていること』では、「飲食店・居酒屋に行く」が男女ともにTOPとなっています。

Next

LINEの「新型コロナ全国調査」が順次配信中、4月1日までの回答を

大型イベント中止に対するサポート - 【LINE LIVE】イベント等を中止・延期した企業やアーティスト等を対象に、イベントのオンライン開催に関するライブ配信サポートを実施 プレスリリース• iPhoneのVoiceOver機能を利用される方は、以下のページをSafari で開いてご参加ください。 【「LINEリサーチ」について】 「LINEリサーチ」は、企業における事業開発・マーケティング活動の最大化を目的にした、スマートフォン時代のリサーチプラットフォームです。 今回の調査の質問項目に、クレジットカード番号は含まれていません。 業種により収入への不安には差が出る部分ではありますが、先行きの見えないこの状況に対して不安を覚えている人は多くなっているようです。 以下のボタン又はQRコードから「友だち追加」をしてください。 調査は今後も続け、次回は4月5日を予定している。 厚労省とLINEは30日、上記協定の締結を発表。

Next

LINE&厚生労働省「新型コロナ対策のための全国調査」は本物!(偽物・詐欺ではありません)

一方で、「人間関係について不安を感じている」「毎日のように、ほとんど1日中ずっと憂うつであったり沈んだ気持ちでいる」「ほとんどのことに興味がなくなっていたり、大抵いつもなら楽しめていたことが楽しめなくなっている」と回答する割合は最も高かった。 ウイルスに感染した場合、自分や家族の生活がどうなるか不安 男性40代,会社員• まとめ スポンサーリンク LINEの国内ユーザーは、8,300万人いるため全国の健康状態の情報を収集し、感染拡大防止のための有効な対策を検討するために活用されます。 事態の収束を慎重に勘案した上で、再開時期を検討いたします。 だから、一回感染しても免疫は長続きしない 例えば、1年しか持たない だとか、ウイルスの方も絶えず進化して行くこともあり2回目に感染すると免疫が切れているしダメージが重なるので直ぐに重症化するだとか、あと体験者の談として肺にガラスのかけらを吸い込むようで、とても苦しいだとか、嫌なうわさが沢山あります。 第2回「新型コロナ対策のための全国調査」 本日 4月5日~4月6日の間で、 第2回「新型コロナ対策のための全国調査」が実施されています。 また、取得した情報は本目的における分析・調査の終了後、速やかに破棄されます。

Next

※最新※【LINEリサーチ】新型肺炎(新型コロナウィルス)に関する調査結果(2020年3月2日実施)|LINE for Business

その舞台裏とはどんなものだったのか。 【公式アカウントの確認方法】 「LINE」の左に 緑の公式バッジ がついているものが公式アカウントです。 この結果の因果関係は全く不明だが、働き盛りとされる世代の割合が高くなっているので、仕事疲れにプラスしてコロナ疲れにより、身体の不調を感じやすくなっているのかもしれない。 iPhone修理の ダイワンテレコム大阪梅田駅店です。 見れば分かるし、見なければ分からないと思います。

Next

兵庫県/兵庫県LINE公式アカウント「兵庫県

一方、業種柄、対応自体が困難である「医療」「福祉関連」「飲食業・飲食関係」「運輸・運送・倉庫業」については2割を切る実施率です。 東京都で最大52%、5%未満の県も多い。 また、上記業種ほどではないものの「製造業(自動車関連)」「マスコミ・メディア関連」「運輸・運送・倉庫業」「百貨店・ドラッグストア」の業種でも、新型コロナウイルスによる外出自粛や休業要請の影響を受けての、収入減少への不安が高まっていることがわかりました。 撮影:林佑樹 「目が覚めたらLINEを立ち上げて、寝るときにLINEを閉じるみたいな生活。 LINE株式会社では、同社が保有する約506万人の国内最大級のアクティブな調査パネルを基盤とした、スマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」を運営しております。 調査への参加方法は? 日本国内の 全LINEユーザーに厚生労働省からメッセージが配信されます。

Next