福島 民 友。 福島ゴルフ倶楽部 民報コース

友 福島 民

創刊の中心になったのは、自由民権運動の指導者として活躍していた河野広中(こうの・ひろなか)でした。 本紙2万号。

9
友 福島 民

本紙1万号。

友 福島 民

毎年のように未曽有の災害が起き、九州地方を襲った豪雨被害の記憶も薄れるかもしれない。 支社・支局 [ ] 本社 [ ] 柳町4-29 総支社 [ ] 支社 [ ] 、、、、、、、、、、 支局 [ ] 、、、、、、、、、、、、、、、 地域版 [ ] 福島市内版、県北版、郡山版、県南版、会津版、いわき版、相双版• どの被災地でも住民の口から「ここまで水位が上がるとは思わなかった」という言葉が出た。 (平成16年)- 新聞印刷を福島市の自社工場から郡山市の新工場(読売新聞の関連会社、民友は出資していない)へ切り替え。

6
友 福島 民

これだよ、これ、利権。 原発が大きな争点でも、それらの多くは「東京発」で書かれており、地元の意見や思いが反映されているとはいえない。

11
友 福島 民

(平成12年)- 夕刊を3月31日付で休刊。 球磨村の女性は「安心していたんだよ。

16
友 福島 民

(昭和16年)- 当時の政府の指導で1県1紙とする原則から、一旦休刊する。 その思いが、困難に立ち向う我々の原動力でした。

3
友 福島 民

にがあることから、ライバル紙のと同様に地方紙には珍しく専門の記者がいる。

14