映画 興行 収入。 [映画産業] 製作委員会方式 興行収入,配給収入の収益配分

収入 映画 興行

原作・脚本・監督の全てを宮崎駿が務めた本作は、人間になりたいと願うさかなの子・ポニョと5才の少年・宗介の物語です。 子どもでも理解しやすいシンプルなストーリー展開と、 ケルディオVSキュレムの迫力満点のバトルシーンはファンからも高い評価を得ています。

12
収入 映画 興行

主演:濱田ここね• 興行収入:439,606,550円 【11月22日(日)】• 300億円以上の興収を上げた映画は本作のみ。 全国225スクリーンという公開規模を考えると大爆死ですね。 興行収入150億円とする出典もある。

1
収入 映画 興行

興収金額が高いものは大ヒット作というわけですね。

20
収入 映画 興行

初登場1位• かわいいマナフィと幻想的な世界観は必見!• 稲垣吾郎と二階堂ふみが主演した「ばるぼら」も8位にワンランクアップしています。 10位は、2003年公開の『ファインディング・ニモ』で、興行収入110億円を記録。 それに立ち向かうサトシ達。

14
収入 映画 興行

アドバンスジェネレーションシリーズ• 最終興行収入はシーリーズ断トツの72. 米ドル換算した推定損失額は約116億円で、世界映画史上第5位に入る巨額損失だったみたいですね。 邦画の場合、上映館数300スクリーン以上で興行収入が15億円以上なら、ネット上で「大ヒット!」と言われる場合が多いです。 2009年3月21日時点の [ ]よりアーカイブ。

5
収入 映画 興行

好奇心からトンネルをくぐると、そこには草原が広がっており、さらに進むと無人の町へがありました。

10
収入 映画 興行

ジラーチの力を利用しようとする者から守るため、サトシ達はマサトと共にジラーチが発見された「ファウンス」へ送り届けることになります。 製作費10億円以上の超大作と言われており、宣伝も大々的に行っていましたが、まさかの初登場7位。 制作費が増えるケースは、CGの制作費、海外ロケ、ギャラの高い俳優や芸能人の起用などがありますよね。

15
収入 映画 興行

9位は「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」と「ビクティニと白き英雄 レシラム」、最終興行収入は43. 最近全く見かけないですね。 8億円• 7億円• 「東京オリンピック」の観客動員数には、小中学生対象の「映画教室」の動員数(1180万人)を含む。 1986年の配給による再映も含めると観客動員数は1200万人になる。

収入 映画 興行

外部リンク [ ]• 2億円で3位となった「ディアルガVSパルキアVSダークライ」は、 歴代シリーズの中でも初めて、日本週末興行収入1位を記録した作品と言われています。 1986年の再映を含む。 2位は、アレンデール王国家の姉妹エルサとアナの真実の愛を描いた、2014年日本公開の『アナと雪の女王』(255億円)。