国防 総省 ufo。 米国防総省がUFO?の映像公開

【衝撃】米国防総省がUFO動画を本物と認め公開 / 風に逆らい雲海を猛烈なスピードで飛ぶ「宇宙人が地球へ飛来か」 | バズプラスニュース

「友人とキャンプ中に、愛犬が誘拐された」「二つのオレンジ色のボールが裏庭に浮かんでいた」といったものだ。 それを流すようになったということは、 宇宙時代の到来!! 2020年、宇宙時代元年になったりしちゃうんじゃないの? いやぁ〜、期待しちゃうわぁ。 こうしたプログラムが完全に廃止されたとは考えられません。 その言葉を使わずに「空中現象」(aerial phenomena)で、正体は「未確認」(unidentified)としている。 下の記事の動画のUFOはかなりはっきり映っており、波動も銀河連合のUFOよりは随分とましです。 他にも北海道 屈 くっ 斜 しゃ 路 ろ湖の「クッシー」、鹿児島県池田湖の「イッシー」などもある。 いま、新型コロナウイルスという未知の存在が、私たちを脅かす。

>

【緊急速報】米国防総省の新たな「最高機密UFO画像」が流出! 異様な三角型は「気球じゃない」… パイロットや現役職員も証言

本当は、いったい何だったのだろうか。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 僕らの意識はここ数年で間違いなく変わった。 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• だが、「The Debrief」が匿名で話を聞いた国防当局者によると、パイロットらはこの物体が完全に停止しており、気流の影響を受けていなかったことを認めているという。 画面中央で円盤状の物体が飛行しているように見える。 小出しに少しづつ、まるで免疫を作るようにUFOや地球外生命体の存在が明らかにされてきました。 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。

>

米国防総省、UFO動画を正式公開。異星人とのオープンコンタクト間近か?

国防総省は4月、2004年と15年に海軍機パイロットが撮影した不審な飛行物体の映像3本を公開。 もうすでに、各国の要人たちは異星人に会ってたりしてるのかもしれませんね。 アメリカとソ連の両方がこれを真剣に調査研究していたのも無理はありません。 」 航空専門家のドミトリー・ドロズデンコ氏は、別の見方をしている。 もしも。 最近、ドラえもんがいてくれたら、タイムマシーンで未来に行って、治療薬・ワクチンを持って帰ってこれるのにと考えることがあります。

>

cp.fate-go.jp : 米国防総省、UFO映像3本を正式公開

では、地球人が最初にコンタクトする種族はどんな文明ですか? バシャール みなさんが最初にコンタクトするの種族の中の1つには、私たちがイヤエルと呼んでいるハイブリットがいます。 地球はもう宇宙時代に突入しているのだ。 でも、その理由は? バシャール 地球に関わっているETのほとんどは平和的な存在だからです。 いわく、これらの映像は 赤外線センサーで撮影されたとのことです。 それに、コンタクトが必要がないという結論になる可能性だってあるのです。 28日午前4時30分からのNHK総合の報道・情報番組「おはよう日本」では、米国防総省がリリースした動画を流しながら、内容を解説。

>

米国防総省、UFO動画を正式公開。異星人とのオープンコンタクト間近か?

何かしらの神の力が働いて、この世界のピンチを救ってくれると信じています。 一部で無線機付き測定器である「ドロップゾンデ」との類似が指摘されているが、画像の物体にはGPS受信機が下部に装着されていない。 あれから50年以上も経過した現在、世界のあちこちでUFOが目撃され、その存在が公になる日も近いのではないかと言われていました。 壇蜜? それ、嫌いじゃないぞ。 そして 世界で感染拡大が広がっている大変な状況での『UFO映像』の公式的な公開。 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 「自衛隊のパイロットはこれまでそういった場面 UFO に遭遇したことはないと聞いているが、そういうことがあったときに、映像が撮れるなら撮り、報告をするということで、航空自衛隊やそれぞれで相談してもらいたい」と述べ、自衛隊の航空機などがUFOに遭遇した際の手順を定める必要があるとの考えを示した。 しかし今回、米国防総省が公式に動画を公開したことにより、この動画の存在と、UFOらしき飛翔体が事実であることが判明した。

>

米国防総省が「UFO映像」を公開 正体は未確認のまま:朝日新聞デジタル

国防総省は声明で「観測された大気での現象は未確認のままだ」としたうえで、公開の理由について「機密の暴露にはつながらず、映像の信憑(しんぴょう)性や他の映像があるかなど、市民に誤解を与えないため」と説明しました。 中には、建物の上に浮かぶ13の物体を兵士が携帯電話で撮影した映像もあったが、近所で開かれていた結婚式の中国ランタンだったことが判明。 なぜ米国防総省は『UFO映像』を今公開したのでしょうか? 今の地球上の最大のピンチと切り離してどうしても考えられません。 中でも米国が懸念しているのは、ドローンやその他の航空技術の使用を含む中国の偵察・諜報(ちょうほう)能力だ。 バシャール 今のところは、オープンコンタクトが起きるであろう、という前提のもとにことが進んでいます。

>

米国防総省が「UFO映像」を公開 正体は未確認のまま:朝日新聞デジタル

2004年と15年に米海軍機が撮影 高速・回転の飛翔体、正体は「未確認」 公開されたのは2004年と15年に、米海軍の軍用機が飛行中に撮影した白黒の映像だ。 もし、異星人との合同記者会見なんてあったら、シンゾー粗相しちゃいそうだしなぁ。 そろそろ宇宙人の存在とか公表する日が近いんじゃないのかねぇ。 これは、UFO研究家ウェアリング氏が指摘している通り、 米軍のUFOです。 しかし一方で、映像に捉えられた「未確認航空現象」の正体は確定できていないとも記されている。

>

アメリカ国防総省『UFO映像』なぜ今(2020/4)公開?考察してみた!

そうやって庶民に遠回しでお知らせしてるんでしょーが。 さらに、「徹底検証を行った結果、この映像を公開しても、機密性の高い機能やシステムが漏えいすることはなく、未確認航空現象による軍事空域侵犯に関するその後の調査に影響が出ることもないと判断した」としている。 米国防総省がUFO?の映像公開 2020年6月7日付 米国の軍隊を管理する国防総省が4月下旬、不思議な動き方をして空中を飛び回る物体の映像を公開した。 「国防総省がこの映像をついに公開したことを嬉しく思う。 未確認生物( UMA ユーマ)というのもある。 その時のためにこの映画は絶対に見ておかなくてはならない。

>