万華鏡 写 輪 眼。 ナルト疾風伝で「カカシが万華鏡写輪眼を開眼した理由はなんですか...

写 眼 万華鏡 輪

視界内の人間の点穴を含めた経絡系の全てを見通すことも可能で、戦闘においてはこの能力を活かした「 柔拳(じゅうけん)」と呼ばれる、相手の点穴にチャクラを流し込んで内側から攻撃する体術を使って戦う。 任務を優先するカカシと、仲間の命を優先するオビトは、忍者として人としての在り方で対立する。 途中砂隠れの里に戻るテマリと合流し、砂隠れの里を目指す。

写 眼 万華鏡 輪

ナルトがそれを断ろうとした時、ナルトの中にサスケが現れ、九尾の妖孤を一時的に消滅させてナルトの中の力の正体を見極める。 2010年4月30日に発売された単行本51巻で国内累計発行部数が1億を突破し、同社の中で5作目の国内1億部達成となった。

20
写 眼 万華鏡 輪

詳細は不明。

13
写 眼 万華鏡 輪

大蛇丸やカブトはその希少な能力を長年研究していた。 術者の身体能力に依存する体術も同様で、例え動作を見切ることができてもそれを可能とする筋力やスタミナがなければ完璧には再現できない。

8
写 眼 万華鏡 輪

木ノ葉警務部隊 木ノ葉隠れの里での治安維持を目的として二代目火影・千手扉間が創設した特別部隊。

7
写 眼 万華鏡 輪

石隠れの里 土の国と風の国に挟まれた国にある里。 10年以上前に滅び、里の忍達は散り散りになって暮らしている。

3
写 眼 万華鏡 輪

黙の国 小説「シカマル秘伝」に登場した国。

1
写 眼 万華鏡 輪

影分身のナルトが戦場へと散らばり、連合軍を混乱させている白ゼツ達の悪意を感知することで白ゼツ達を撃破、さらに穢土転生で蘇った忍五大国の影の名を持つ忍達も封印、忍連合軍は一気に優位に立つ。 柱間の孫である五代目・綱手もその血を受け継いでいる。

17
写 眼 万華鏡 輪

この異空間ははたけカカシが神威で飛ばす異空間と繋がっています。 その刀は代々受け継がれているが、多くの者が刀と共に里から離反したため、第二部の時点では長十郎のヒラメカレイしか残っていない。 ナルトの親友でライバル。

4