幸福 度 ランキング 都 道府県。 令和初公表!47都道府県「幸福度」ランキング

地域ブランド調査2012 都道府県ランキング|地域ブランドNEWS

2 ; box-shadow: 0px 0px 4px 0 rgba 0, 0, 0, 0. 旅行でグルメの満足度が高かった都道府県 「北海道」がダントツ 2位は「福岡県」 次に、旅行したことがある都道府県の中で、グルメの満足度が高かった都道府県を尋ねる調査が行われた。 3〜5位に入った長野県、石川県、富山県は、前回もそれぞれ4位、5位、3位と同じ 位置を占めており、貫禄のある安定感を見せた。 2 ;box-shadow:inset 2px 2px 2px rgba 0,0,0,. しかし、そのいずれでもない。 一方、「全く幸せではない」は3. 福井県の杉本達治知事は9月4日の定例会見で「東京などの人口分散を進めていかなければならない中で、大きな追い風だと思う」と述べた。 半面、地域外の視点や主体的に社会に関与する機会が少ないと指摘。

>

都道府県ベスト&ワースト

調査期間は2019年4月5日から19日まで。 続いて、旅行したことがある都道府県の中で、レジャーの満足度が高かった都道府県を尋ねる調査が行われた。 47都道府県で「住み続けたい」と答えた人が多い都道府県とは?(写真はイメージです) Photo:PIXTA 年を重ねるほど、「生まれ育った町を離れたくない」「住み続けたい」と思うようになる人は多いだろう。 3点)だった。 各テーマとも上位ランキングに前年からの大きな変動は見られなかったが、「若者が楽しめるスポットや施設・体験」では、千葉県が前年2位から浮上し、沖縄から1位を奪取した。

>

都 道府県 人気

一方で、40位以下に目を移すと、45位は島根県(67. 「若者が楽しめるスポットや施設・体験」で1位となった千葉は、「子供が楽しめるスポットや施設・体験」でも1位に。 important;padding:3px 6px;float:left;-webkit-box-shadow:inset 2px 2px 2px rgba 0,0,0,. …… 詳細説明を閉じる 人口は、2020年10月1日の推計人口によります。 なお、沖縄県については外国人観光客が急減したことによって「交通機関や道路の渋滞や混雑」の悩みが前年の21. 05 ;box-shadow:inset 0 0 5px rgba 0,0,0,. 秋に国内旅行で楽しみたいこと 1位「温泉めぐり」 女性には「紅葉狩り」「果物狩り」が人気 秋は気候が良く、絶好の行楽シーズンとされている。 ただ、1冊目の 2012 年版と比較すると、ちょっとした違いが見えてくる。 0点へとアップしている。

>

都道府県魅力度ランキング2019発表!1位は北海道!|ウォーカープラス

幸福度ランキングは、平均寿命や持ち家比率などの客観的なデータを指標としている。 8; -webkit-transition: opacity. 全国の消費者3万1734人から有効回答を得た。 1位:沖縄県、2位:北海道、京都府 この調査は4万4515人を対象にインターネット経由で実施したもの。 5点 という結果に。 2014年版から数えて、4回連続の首位だ。

>

都道府県魅力度ランキング2020【47都道府県・完全版】

また、いま注目されているSDGsの視点で、店の評価を高めるためのヒントと、食のバリアフリーについても取り上げます。 use-floating-validation-tip span. 恐竜のモニュメントが印象的なJR福井駅前(写真:kazukiatuko/PIXTA) 地域社会に生きる人々の幸福を考えるきっかけをつくることを目指して、2012年から、2014、2016、2018年と2年ごとに(一財)日本総合研究所が発表している「都道府県幸福度ランキング」。 6%より減少しており、新型コロナの影響で幸福度が少し低下している。 8%が「少し幸せ」と答えた。 女性には、秋ならではのレジャーを楽しみたい人が多いようだ。 また、関東も40位以下に神奈川県(41位)、東京都(45位)がランクイン。 各都道府県の住民へのアンケートによって「幸福度」を明らかにしたのが、ブランド総合研究所の実施した「都道府県『幸福度』ランキング」だ。

>

都道府県「幸福度」ランキング2019【完全版】

経験者満足度をみると、1位は「北海道」(41. それでは早速、47都道府県の住民へのアンケートでわかった「都道府県『幸福度』ランキング」を見ていこう。 推計人口とは、直近の国勢調査確定人口を基に、その後の人口動向を他の人口関連資料から得て算出するもので、住民基本台帳人口とは違い、より実際の人口に近い数が算出されます。 分野だけでなく個別指標の強みや伸びに着目しながら、脱出の糸口を見出したいところである。 ブランド戦略の理解・普及活動、戦略立案などを担当するほか、ブランド力を高めるためのPR、調査、テストマーケティング、コンサルティング、商標管理などを行っている。 また、教育に関する悩みも前年より大きく減少している。 1位:大分県、2位:沖縄県、3位:熊本県 地元の人のホスピタリティを感じた• 2%)と「幸せではない」との回答の割合も、前年よりやや増加している。

>