なす の 育て 方。 ナスの植え方・育て方に秘密あり!!

方 なす の 育て

ナスを種まきから栽培する場合は温度管理が必要となるため、家庭菜園初心者の場合は、市販の接ぎ木苗を購入して栽培することをおすすめします。 地元の伝統品種を調べて、栽培してみるのもよいでしょう。 更新剪定は、ナスの実がなっている7月下旬~8月上旬に、1本の枝に葉を1~2枚残すようにしてすべての枝を剪定します。

2
方 なす の 育て

パセリはナスの害虫を忌避し、ナスはパセリの害虫 アゲハチョウなど を忌避してくれる、コンパニオンプランツと呼ばれる関係にあります。 株を植える場所に穴を掘る(株間は50~60cmの間隔)• 苗をそのままにしておくと、茎が曲がって生育不良になることもあります。 ナスの栽培では、主枝と側枝2本を伸ばす3本仕立てが基本ですので、側枝にも支柱を立てて枝を誘引します。

19
方 なす の 育て

キャベツ• 仮支柱を立てる場合は、短めの支柱を株元から5㎝ほど離れた場所に斜めに差し込み、茎にひもを8の字にかけて支柱側で結びます。

8
方 なす の 育て

雄しべが雌しべより長いなど、花の状態が悪いときは、追肥と水やりを行い、樹勢を回復させます。

方 なす の 育て

6㎝の支柱を使いました。 水分も不足していて、葉っぱも枯れていますね。

方 なす の 育て

アントシアン系色素が無いので、果実が緑色になります。

方 なす の 育て

ナスに関して ナスの原産地はインドで、ビルマを経由して中国に渡ったと考えられています。

5