日赤 デマ。 熊本副知事がコロナデマ拡散!ニセ情報画像は?日赤医療センター業務妨害

デマ 日赤

なんでみんなそんなことも分ないの。

18
デマ 日赤

皆んな、常に、口と喉を濡らして、絶対に乾燥した状態におかないこと。 日本赤十字社医療センター(東京)の医師をかたり、「私の病院のコロナ病床は満床になった」「現場ではすでに医療崩壊のシナリオも想定され始めている」として外出を自粛するよう呼びかける内容だ。 中には、コンピューターウイルスが埋め込まれたものもあり、専門家は「安易に信じず、拡散しないで」と呼び掛けている。

1
デマ 日赤

台湾で出回っていたデマを盛り込んだものなのか、よくわかりませんが、コロナじゃなくても呼吸器系が炎症を起こしていたら、深呼吸で咳が出ることもありますよね。 もちろん、SNS(交流サイト)もしかりだ。

3
デマ 日赤

トイレットペーパーやティッシュペーパーを巡っては、デマをきっかけに消費者が買い占めに走るパニックが起こり、長らく品薄状態が続いた。 そこで万が一私がコロナウイルスを持って帰ってきたらどうでしょうか。 お湯のデマは中国から伝わってきたという説もある。

7
デマ 日赤

もうこういったで人のをあおるのは本当にやめてほしい。 ひとつの発信を鵜呑みにするのではなくて。 国立国際医療センターみたく。

13
デマ 日赤

ウィルスが口に入ったとしても、水とか他の飲み物によって、食道から胃に入ってしまえば、胃酸によりウィルスは死んでしまう。

14
デマ 日赤

(現在は削除されています) 他にも、善意でシェアした方は 多かったのでは、ないでしょうか? こういう状況ですので 不安が大きいほど、 このような情報を信用して 良かれと思って 拡散してしまうのかもしれません。 どうかデマメールの拡散者にならないようにご注意ください。

11
デマ 日赤

でも、「誰でも簡単に情報を発信できる世の中」だからこそ、何もかも簡単に信じず、疑問に思ったらたくさん調べてほしいです。 Twitterは匿名で複数アカウント所持ができる上、リツイートという拡散しやすい機能があり、デマが広まりやすい。

7