福岡 地震 今日。 【地震速報】福岡、佐賀で震度3

南海トラフ地震が福岡に及ぼす影響

また九州地方で震度6弱以上を観測する地震としては、1997年5月の 以来となった。 11時30分 -• (奇談日記) 【福岡県災異誌】(1936) 八つとき大地震、夫れより又々夜に入五つとき地震。 割れたガラスはほとんどが「はめごろし」で、網入りガラスは破損しても落下はしておらず、また地震動による建物の層間変形が集中したとみられる4階から6階の破損率が高かった。 地震調査委員会では、津波予測の手順を標準化し、「波源断層を特性化した津波の予測手法(津波レシピ)」を公表しています。 また福岡県内の供給家庭では、本震の際に40件、4月20日の余震の際に13件のガス漏れが発生し、当日中に復旧している。 なお、4月20日朝の余震でも人的・物的被害が出ている。

>

福岡県で気をつけるべき災害とは 福岡県における災害の特徴と対策方法

特に、玄界島では住宅の全壊率が5割に達した。 スポンサーリンク 今回の記事は、今日(5月24日)地震が福岡で発生したので、再発の可能性や他の地域での発生状況なども含め関連情報をお届けしたいと思います。 【福岡県災異誌】(1936) 今日七つとき地震。 5)に達した可能性があるという試算結果を発表している。 海溝型地震の将来の発生可能性についての評価• (石原家記) 【福岡県災異誌】(1936) 25日:未の刻過大地震半時程、其外一日の中三度、同夜中三度。 文化財・博物館 [ ] 福岡市内や周辺市町村で寺社などのにも大きな被害が相次いだ。 契約件数は九州全体で2,130件、福岡県で約1,100件に上る。

>

【福岡・地震】福岡の活断層を考える

太宰府市、• また天神では4月20日の余震でも、地震が通勤時間帯を直撃し出社が遅れる例があったことなどから、開店を数時間遅らせる店が相次いだ。 耐震対策に関する助成を利用しよう お住いの住宅が1981年(昭和56年)以前に建てられたものの場合には、注意が必要です。 九州地域の陸域及び沿岸海域に分布し、M6.8以上の地震を引き起こす可能性のある活断層について、総合的に評価しました。 翌2006年から福岡市と北九州市をつなぐ水道管の建設が開始、2011年に完成した。 【福岡県災異誌】(1936) 糸島郡雷山村の地震、曲淵・東入部(福岡市早良区)で強震、曲淵で崖崩れ。 文部科学省のまとめでは、文化財などの被害件数は国宝1件、重要文化財19件、史跡および名称17件の合わせて37件となっている。 地震後、九州の広範囲で鉄道の運行がストップした。

>

南海トラフ地震が福岡に及ぼす影響

3mほどの津波が来た。 (PDF 62MB)• なお、補欠選挙は当初の予定通り4月24日に執行された。 まとめ 災害はいつどこで発生するかわかりませんが、むやみやたらと恐れて根拠のない都市伝説に引っかからないようにしましょう。 窓ガラス [ ] 福岡市の繁華街に位置する福岡ビル。 1485-1493、2007年 :• (奇談日記) 【理科年表H28】(2016) (旧11月5日)「安政南海地震」:東海地震の32時間後に発生。 久留米市ので発生した可能性がある。

>

福岡県で気をつけるべき災害とは 福岡県における災害の特徴と対策方法

震源の深さは約10kmほど。 また、建物内ではより高い階ほど、棚の転倒や重量物の落下の割合が高かった。 太宰府市• (奇談日記) 【福岡県災異誌】(1936) 夕五つとき地震致す。 宗像市• また、メインの余震域の東側の少し離れたところ、付近には本震から時間を置いて1日後の3月21日から活動が活発化した小さな余震域がある。 そして有明海に面している大牟田市、みやま市などは揺れやすい地域のようです。 長崎県では、壱岐市ので岸壁が破損したほか、八幡浦漁港の防波堤が破損するなどしている。

>

地震情報

もっとも震源から遠い地点ではとで震度1を観測した。 添田町• 福岡博多区• 筑後地方: 県南部土砂災害(1990年)• 【九州の自然災害~地盤災害を主として~】(2008) 宮崎県東臼杵郡椎葉村:幅120m、高さ180m、4万㎥崩壊。 福岡県知事(当時)も地震当日に「福岡は大地震がないと言われてきただけに、大きな衝撃だ」と語っている。 (日向史郷土年表) 【福岡県災異誌】(1936) 今朝地震度々、朝四つ時分尤甚し、一昨日よりも強き方なり、夜分も軽重五、六度震候事。 福岡西区、• 文部科学省では、「平成28年(2016年)熊本地震」の発生を受け、布田川断層帯・日奈久断層帯において今後発生する地震像の解明及び強震動予測の高度化を図るため、大学等に委託し、平成28年度から総合的な活断層調査を実施しています。 この地震はに近い、福岡市の西方の浅いところで発生しました。 地震当日のNHK福岡録画映像にて確認• (奇談日記) 【福岡県災異誌】(1936) 是夜筑後国柳河地震ふ。

>

福岡県福岡の震度3以上の観測回数

福岡市内の8つの漁港も被害を受け、岸壁は延べ6キロ以上が破損した。 佐賀市• では安全確認のため地震後約30分にわたって離着陸を停止し、計10便の約1,500人に影響が出た。 地震が発生したのは、(平成17年)の、・であり、3連休の中日だった。 住宅の全半壊を伴うような被害が目立ったのは、福岡市西区のや、同じく西区北西端の西浦地区・宮浦地区、東区のなど、沿岸の・地域だった。 「」福岡市、pp. (平成30年2月22日現在、総務省消防庁による). しかし、注意は必要だと思います。 (綜合福岡藩年表) 【福岡県災異誌】(1936) 夕五とき地震。

>

南海トラフ地震が福岡に及ぼす影響

この地震がの一部の活動であるかはまだ分かっていません。 那珂川市• 地震直後の行政職員の参集に関して、福岡県では自動呼出しにより比較的スムーズとなったのに対し、福岡市や福岡県内の各市町では通話規制により困難となったところがあった。 本震によるを見ると、天神5丁目にある福岡観測点では南北277、東西239galであったのに対し、大名2丁目の観測点では南北489gal、東西310galと、地震動が大きかったと考えられる。 福岡市中心部の建物被害は、、、、舞鶴の各地区を中心とする狭い地域に集中した。 一方、一連の余震域から10キロほど東側に離れた海の中道付近でも、本震翌日の3月21日からまとまった余震活動が発生したが、4月中旬から活動が低下している。 これらは強いの効果だと考えられ、のちのにおける東北沿岸の津波被災地でも参考にされるなどしている。

>