関東 梅雨明け 予想 2020。 【2021年】関東の梅雨入り・梅雨明け時期がいつか徹底予想!

予想 2020 梅雨明け 関東

例年と2020年予想は?】 北陸の梅雨明けは、例年だと7月24日頃です。 近年では梅雨明けが記録的に早い年が多いこと、梅雨明けが平年よりも遅い年は遅くても数日程度であること。

15
予想 2020 梅雨明け 関東

北海道では、「蝦夷梅雨」という言葉はありますが、梅雨前線が北海道付近まで北上する事はほとんどなく、梅雨の現象がはっきりしないため、北海道では梅雨がないとされています。 関東・甲信地方の2021年の梅雨期間の傾向は? 梅雨入り・梅雨明けの時期が早くなったり遅くなったりするのは、近年のように異常気象が発生する前からある梅雨の大きな特徴ですが、梅雨の期間に影響はあるのでしょうか。

予想 2020 梅雨明け 関東

そもそも梅雨自体がハッキリしない天候なので、すぐに確定できないのも頷ける気がしますね。 2.気象予報会社の梅雨入り予想 一方で気象予報会社では独自に梅雨入り予想を発表しています。 一方、梅雨明けしている沖縄・奄美では、この先1か月のうち、期間の前半は、気温がかなり高くなる可能性があります。

8
予想 2020 梅雨明け 関東

梅雨入り 梅雨明け 2010年 6月13日 7月17日 2011年 5月27日 7月3日 2012年 6月9日 7月25日 2013年 6月10日 7月6日 2014年 6月5日 7月21日 2015年 6月3日 7月10日 2016年 6月5日 7月29日 2017年 6月7日 7月6日 2018年 6月6日 6月29日 2019年 6月7日 7月24日 過去10年のデータをもとに平均を出すと、 梅雨入りは6月8日、 梅雨明けは7月21日となります。 東京管区気象台(関東地方)• 関東甲信で6月に梅雨明けするのは、 統計を開始した1951年以降初めてのことです。

予想 2020 梅雨明け 関東

最近の傾向と加味すると、2020年の関西の梅雨入りは 6月7日~6月10日、梅雨明けは 7月18~21日頃ではないかと思います! 昔は関東と比べてみると、 関西の梅雨は期間が長い傾向にあったみたいですが最近はどちらも同じぐらい長期化の傾向にあるようですね。 千葉県• 神奈川県• 6月2日現在 九州南部や四国も梅雨入りしたとの事で、間もなく梅雨明けすると予想されます。 ただ、例年通りなら本州が7月の終わり頃に梅雨明けし、沖縄は6月の終わり頃です。

2
予想 2020 梅雨明け 関東

過去5年間のデータを確認! それでは実際に、過去5年間の梅雨入り、梅雨明けのデータと今年2020年の平均値を確認してみましょう。 すでに大雨となっている所もあり、さらに雨量が増えそうです。 定期的に遊びに行くという方も多いのではないでしょうか。

8
予想 2020 梅雨明け 関東

直近5年間のデータを見ると、 2015年:7月10日ごろ 2016年:7月29日ごろ 2017年:7月6日ごろ 2018年:6月29日ごろ 2019年:7月24日ごろ 「 平年」:7月21日ごろ が梅雨明けとなっています。 4.関東甲信地方の梅雨明け予想 梅雨入り予想に続いて、梅雨明け予想です。

11
予想 2020 梅雨明け 関東

梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。 梅雨期間中は前線の活動が活発な時期もあり、大雨に注意が必要です。

3
予想 2020 梅雨明け 関東

梅雨入りと同じく、 「梅雨明け」についてもはっきりした定義はありません。 からっと晴れた空や温かい日差しが恋しくなりますね。

2