長渕 剛 オレンジ 歌詞。 Orange 歌詞『長渕剛』

オレンジ 長渕 歌詞 剛

作詞:長渕剛 作曲:長渕剛 コツコツとアスファルトに刻む足音を 踏みしめるたびに 俺は俺で在り続けたい そう願った 裏腹な心たちが見えて やりきれない夜を数え 逃れられない闇の中で 今日も眠ったふりをする 死にたいくらいに憧れた 花の都"大東京" 薄っぺらのボストン・バッグ 北へ北へ向かった ざらついたにがい砂を噛むと ねじふせられた正直さが 今ごろになってやけに 骨身にしみる ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して 笑ってらあ 明日からまた冬の風が 横っつらを吹き抜けて行く それでもおめおめと生きぬく 俺を恥らう 裸足のまんまじゃ寒くて 凍りつくような夜を数え だけど俺はこの街を愛し そしてこの街を憎んだ 死にたいくらいに憧れた 東京のバカヤローが 知らん顔して黙ったまま 突っ立ってる ケツの座りの悪い都会で 憤りの酒をたらせば 半端な俺の 骨身にしみる ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して 笑ってらあ ああ しあわせのとんぼよ どこへ お前はどこへ飛んで行く ああ しあわせのとんぼが ほら 舌を出して 笑ってらあ. (1986年7月2日) - テレビドラマ『』(1986年、TBS系列)主題歌• (2017年)配信限定シングル• メーカー・インフォメーションより. 事の詳細に関してはも参照。 男性ファンの熱量と、先述した「ギャップ」の要素に、楽曲の魅力が加わり、現在の女性ファン層の形成に繋がったようだ。 12月26日、自身3度目となる東京ドームでのライブを行う。

オレンジ 長渕 歌詞 剛

(1993年9月22日) - テレビドラマ『』(1993年、TBS系列)主題歌• また8月、原発事故で避難生活を余儀なくされたの小学生20人を自身の故郷、鹿児島に招待した。 (1979年7月5日)• 5月14日、長渕剛通算19枚目となるアルバム『』が発売され、男性アーティスト初のオリジナルフルアルバム首位通算10作目獲得をした。 この節には古い情報が掲載されています。

4
オレンジ 長渕 歌詞 剛

六本木のカラオケBOXにて、観客3人(、、)の前で2時間半12曲のライブを行う。

20
オレンジ 長渕 歌詞 剛

4月から9月まで、『』水曜日第2部、10月から翌年9月まで、金曜日第1部の、それぞれパーソナリティを務める。

オレンジ 長渕 歌詞 剛

「週刊」5月24日号の表紙を飾り、これまでと違いレモンを持って撮影に臨む。

16
オレンジ 長渕 歌詞 剛

(1993年11月1日)• 7月2日、ベストアルバム「」発売。 147、67頁。