利家 と まつ。 「私にお任せくださりませ」―― 戦国版ホームドラマが重厚ドラマになった『利家とまつ』。脚本の力は絶大ということを証明した大河ドラマ【麒麟がくる 満喫リポート】

と まつ 利家

日韓共催のサッカーワールドカップが盛り上がった 2002年放映の大河ドラマ『利家とまつ』は、〈戦国最強のホームドラマ〉を標榜して制作された。 * * * ライターI(以下I):『麒麟がくる』休止代替番組の第三弾は2002年の『利家とまつ』の名場面スペシャルです。 また、まつは子どもが出来ない秀吉とねねのために、1歳の娘の豪姫を豊臣家の養女としました。 そんなまつはなんと 11歳で初産しています。

と まつ 利家

- 五奉行の一人。 おねからはあまり快く思われていない。 前田利家は幻影として炎の中からの信長の別れの挨拶を目にする流れでしたが…。

20
と まつ 利家

それが後の、賤ヶ岳の合戦での戦線離脱と言う形で、 秀吉への恩を貫くことと成ったのだと思います。

と まつ 利家

それぐらい度胸があり、強い男が多かったという事でしょう。 まつはそんな利家を救うため、秀吉と和議を講じ 和睦の許しを得たのです。 - 前田家家臣。

1
と まつ 利家

現代でいうとヤンキーのような若者だったのかもしれません。

と まつ 利家

天正2年(1574年)、利家はの与力となり、信長から越前一向一揆の鎮圧を任されます。 関ヶ原の戦いを見越していた? 慶長4年閏3月3日(1599年4月27日)に 前田利家は病死してしまいます。

20