日田 焼き物。 飛び鉋 おとな茶碗 (小鹿田焼)

焼き物 日田

小鹿田焼民陶祭に並ぶ小鹿田焼 小鹿田焼は、大分県日田市で生まれた陶器である。 きめが細かく、収縮率も大きい為、割れやすく決して楽な性質ではない。

3
焼き物 日田

1人運営のため極力メールでの問い合わせに協力下さい。 その大鶴村も元々は明治二十二年の市町村の施行によって日田郡鶴河内村と同大肥村とが合併してできたもので、小鹿田はこのうちの鶴河内村に属していた。

焼き物 日田

ちなみに小鹿田は山奥に位置することから、鬼が住むという言い伝えもあります。

4
焼き物 日田

道中であたりを見回すと、粘土質の層がむき出している場所がいくつもあります。

20
焼き物 日田

などしてくださる(・)。 (民藝の器の代名詞とも言うべき小鹿田焼の集落。 その純朴な美しさに感動した氏によって、小鹿田は紹介され一躍有名になりました。

17
焼き物 日田

駅からは車で30分。 このとき、陶芸を生業するための心構えも教えたそうだ。 そう、その器に出会ってしまったのは2016年の寒い12月のある日。

5
焼き物 日田

ロクロを回しながら白化粧をした器面に鉋の先をあてます。 釉薬によって様々な形と紋様が表現された日用の器には、素朴さとあたたかみを感じる。

18