うっせ ぇ わ 作者。 Ado うっせぇわ 歌詞&動画視聴

作者 うっせ ぇ わ

机上に置いたパソコンの画面の明かりだけを頼りにしたスペースで胡座をかきながらAdoは作品を完成させている。

16
作者 うっせ ぇ わ

そして、「うっせぇわ」で満を持して17歳最後の日にメジャーデビューを果たしたAdo。 Adoとして参加したjon-YAKITORYの「シカバネーゼ」は、Spotifyにおける日本のバイラル50チャートで堂々の1位を獲得した。

作者 うっせ ぇ わ

地味で内気で根暗でクラスの端っこで絵を描いているような人間だったと思います」「自分と趣味が合う数人の子と話すくらいで、本当に目立った位置には居なかったですね」「目立つ人たちはむしろ避けていた」と振り返る。

9
作者 うっせ ぇ わ

それがずっと悔しくて悲しくて……私って本当は正しくなかったのかな、自分の思い描いていた歌い手の世界って嘘だったのかなって、やたらと執着していましたね」 苦しみが消えない今でも歌い手として歌の投稿を続けている理由を尋ねるとこう応える。 参照: Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」は、最もストリーミング再生された曲をランク付けした「Spotify Top 50チャート」とは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたプレイリスト。 をお読み頂いた上で、審議にご協力をお願いします。

18
作者 うっせ ぇ わ

ひとりが『は〜』と言えば、周囲が『うっせー! うっせー!』という感じで合唱になるそうです。 今では歌い手界隈でトップクラスを誇るまふまふによるワンマンライブ『ひきこもりでもLIVEがしたい!』だ。 キャッチーなサビの効果か、小学生以下のちびっこたちも『うっせぇわ』に夢中になっているようなのだ。

8
作者 うっせ ぇ わ

特に6月25日付のバイラルチャートで1位を記録したjon-YAKITORY「シカバネーゼ 」のヒットは、Adoの存在を広く知らしめるポイントになったことは間違いないだろう。

作者 うっせ ぇ わ

そして何より、血の滲むようなAdoの叫びがダイレクトに聞こえてくる曲でもある。

1