大腸 癌 研究 会 2020。 金原出版

大腸癌研究会

四国地方• 関東地方• 本研究に関与する者は、利益相反に問題がないことについて各参加施設の規定に従い管理されており、当院でも、利益相反マネジメント委員会により管理されています。 岡山県• 開催にあたっては、以下3点を主な実施方針といたします。 2020. 青森県• 座長・演者の先生方には個別に詳細をご案内させていただきます。 一部の主題プログラムならびに一般演題は、発表演題動画(発表音声入りスライドデータ)でのご発表とさせていただきます(質問投稿機能を設置予定)。 各委員会・プロジェクト研究は参加者に人数制限を設ける(原則各施設1名まで)• 神奈川県• 締切は10月15日(木)です。

>

第93回大腸癌研究会 [2020年7月9

滋賀県• 今後の状況により変更が生じた場合は、随時学会ホームページにてご案内させていただきます。 石川県• 開催地域• 福井県• 新型コロナウイルス感染症が拡大し、非常事態宣言が出されるなか、第93回大腸癌研究会(7月9日〜10日:東京)の開催の有無に関して、幹事の先生方と慎重に検討を進めてまいりました。 熊本県• 千葉県• そのため、遺伝性大腸癌の診療に従事している方々にとってバイブルともいえるさらに充実したガイドラインになったと思います。 福島県•。 大阪府• 04 第79回日本癌学会学術総会ホームページを開設いたしました。 2020. その後、研究事務局より解析担当者に解析用のデータが送られます。

>

大腸癌研究会

研究の内容は、研究に参加される方の権利を守るため、研究を実施することの適否について検討する倫理委員会(大腸癌研究会および近畿大学病院)にて審査を受け承認を得ています。 中部地方• 岩手県• 対象となる患者さんに、あらたに検査や治療を行うものではありません。 東京都• Clinical Question(CQ)は、家族性大腸腺腫症では10項目、リンチ症候群では12項目あり、2016年版よりは少なくなっていますが、記述式の方が理解しやすい事項をその対応する箇所やサイドメモへ移動し、日常臨床で判断に迷う事項のみをエビデンスレベルと推奨度が記載されたCQとしました。 2020. 宮崎県• また研究者番号と、それぞれの患者さんとの対応表は各研究参加施設の研究協力者が保管・管理します。 愛媛県• 多数のご応募をいただき、ありがとうございました。 三重県• 九州地方• 第93回大腸癌研究会 中止のお知らせ 新型コロナウイルス感染症の患者さん、ご家族、そして対応にあたっていらっしゃるすべての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。

>

金原出版

研究参加施設からのデータは、本研究の関係者以外がアクセスできない状態で、研究事務局に提供されます。 18 を開始しました。 高知県• 締切は4月30日(木)です。 13 第93回大腸癌研究会は開催中止することを決定致しましたのでお知らせいたします。 研究会には賛助会員として企業からの寄付金がある。

>

大腸癌研究会

施設代表者の皆様、関係各位の皆様には、多大なるご迷惑、ご心配をおかけいたしますが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。 なお、この研究に参加している他の方の個人情報や、研究の知的財産等は、お答えできない内容もありますのでご了承ください。 2020. 2020. また、企業展示はWEB上でのバーチャル展示会として実施することを計画しております。 一般演題には応募可能です。 茨城県• 兵庫県• 鹿児島県• 奈良県• 19 第94回大腸癌研究会(2021年1月21日(木)〜22日(金))開催形式についてを追加しました。

>

第94回大腸癌研究会:開催概要

2020. 北海道地方• 大分県• 長崎県• 海外招聘演者の会場発表は行わない。 また、2016年版作成時もそうでしたが、2020版の作成に当たっても、日本における臨床のエビデンスを創出するために、家族性大腸癌委員会(現、遺伝性大腸癌委員会)では幾つかの多施設共同研究を行い、それらを英語論文として発表し、その成果を本ガイドラインに盛り込みました。 2) 一般演題の会場発表は行わず、WEB発表のみとする。 20 一般演題の募集を終了しました。 山口県• 評議員・名誉会員合同懇親会、International Session Welcome Partyは中止させていただきます。 2020年4月13日 第93回大腸癌研究会 当番世話人 橋口陽二郎 2020. 「遺伝性大腸癌診療ガイドライン2020年版」が遺伝性大腸癌患者の適切な診断・治療に役に立つことを期待しています。

>

金原出版

その結果、本邦、中でも東京では感染の拡大が続いており、当初のスケジュール通りの開催は困難であるとの結論に達し、研究会を開催しないことを決定致しましたのでお知らせいたします。 愛知県• 各論の家族性大腸腺腫症では、 1 概要、 2 診断、 3 随伴病変、 4 サーベイランスと治療、 5 家族(血縁者)への対応、またリンチ症候群では、 1 概要、 2 診断、 3 治療、 4 術後のサーベイランス、 5 リンチ症候群であることが確定していない大腸癌患者への対応、 6 遺伝カウンセリングと家族(血縁者)への対応、と明確に項目を分けることにより参照したい事項が新知見とともに記述式で簡潔に記載されています。 2 を開始しました。 和歌山県• 山形県• 佐賀県• 男女計 部位 罹患数 全がん 1,012,000 大腸 158,500 胃 135,100 肺 130,000 前立腺 95,600 乳房 92,900 膵臓 42,700 肝臓 41,300 悪性リンパ腫 35,700 腎・尿路 膀胱除く 30,500 子宮 28,200 食道 26,300 皮膚 25,100 膀胱 24,300 胆嚢・胆管 24,000 口腔・咽頭 22,600 甲状腺 18,100 白血病 14,100 卵巣 13,400 多発性骨髄腫 8,200 脳・中枢神経系 5,800 喉頭 5,400 再掲 結腸 106,100 直腸 52,500 子宮体部 16,900 子宮頸部 10,900 男性 部位 罹患数 全がん 582,200 前立腺 95,600 胃 93,300 大腸 90,000 肺 86,800 肝臓 27,800 膵臓 22,100 食道 21,800 腎・尿路 膀胱除く 20,700 悪性リンパ腫 19,200 膀胱 18,200 口腔・咽頭 15,800 皮膚 12,900 胆嚢・胆管 12,800 白血病 8,200 咽頭 5,000 甲状腺 4,700 多発性骨髄腫 4,400 脳・中枢神経系 3,200 乳房 700 再掲 結腸 56,500 直腸 33,400 女性 部位 罹患数 全がん 429,900 乳房 92,300 大腸 68,600 肺 43,100 胃 41,800 子宮 28,200 膵臓 20,700 悪性リンパ腫 16,500 肝臓 13,500 甲状腺 13,400 卵巣 13,400 皮膚 12,300 胆嚢・胆管 11,200 腎・尿路 膀胱除く 9,800 口腔・咽頭 6,800 膀胱 6,100 白血病 5,900 食道 4,500 多発性骨髄腫 3,800 脳・中枢神経系 2,700 喉頭 400 再掲 結腸 49,500 直腸 19,000 子宮体部 16,900 子宮頸部 10,900 男女計 部位 死亡数 全がん 379,400 肺 75,600 大腸 54,000 胃 43,500 膵臓 36,700 肝臓 24,900 胆嚢・胆管 18,400 乳房 女性 15,500 悪性リンパ腫 13,200 前立腺 12,700 食道 11,100 腎・尿路 膀胱除く 10,100 膀胱 9,500 白血病 8,700 口腔・咽頭 7,900 子宮 7,000 卵巣 4,700 多発性骨髄腫 4,400 脳・中枢神経系 3,000 甲状腺 1,800 皮膚 1,700 喉頭 900 再掲 結腸 38,100 直腸 15,800 子宮頸部 3,000 子宮体部 2,900 男性 部位 死亡数 全がん 220,500 肺 53,200 大腸 28,800 胃 28,300 膵臓 18,400 肝臓 16,300 前立腺 12,700 胆嚢・胆管 9,500 食道 9,000 悪性リンパ腫 7,400 膀胱 6,500 腎・尿路 膀胱除く 6,400 口腔・咽頭 5,500 白血病 5,200 多発性骨髄腫 2,300 脳・中枢神経系 1,700 皮膚 900 喉頭 800 甲状腺 600 再掲 結腸 18,700 直腸 10,100 女性 部位 死亡数 全がん 158,900 大腸 25,200 肺 22,300 膵臓 18,400 乳房 15,500 胃 15,200 胆嚢・胆管 8,900 肝臓 8,700 子宮 7,000 悪性リンパ腫 5,800 卵巣 4,700 腎・尿路 膀胱除く 3,600 白血病 3,500 膀胱 3,000 口腔・咽頭 2,400 多発性骨髄腫 2,200 食道 2,100 脳・中枢神経系 1,300 甲状腺 1,200 皮膚 900 喉頭 100 再掲 結腸 19,400 直腸 5,800 子宮頸部 3,000 子宮体部 2,900. 京都府• しかし、2020年版では、2012年版および2016年版の作成過程における作成委員の討論、発刊後の読者からの意見、新たな知見を基に、両疾患に共通する事項をI.遺伝性大腸癌の概要、として纏めることにより、遺伝性大腸癌の全体像をより理解しやすくし、遺伝学的検査の解説や遺伝カウンセリングの解説も充実しました。 本研究によって、今後、高齢者に対する術後補助療法をどのように行ったら良いかを検討します。 また、家族性大腸腺腫症やリンチ症候群以外のさらに希少ないくつかの遺伝性大腸癌の遺伝的・臨床的特徴を一覧表として掲載したので、大いに参考になると思います。

>