大林組 採用。 水浄化技術を生かし養殖アワビ 大林組、水槽で成功

採用 大林組

実証を通じて育成したアワビ 出典:大林組 循環式陸上養殖技術は、フンや残餌により飼育水に蓄積する有機物や窒素化合物は、微生物を利用して分解・除去することで、安定して清浄な水質を保つ。

15
採用 大林組

また、屋内で飼育できることも特長で、常に清浄な水質で育成することができるため、悪天候や海の水質汚濁など環境変化に左右されることなく、安全・安心な水産物を安定して供給する。 国が示す「空の産業革命のロードマップ」では、2022年度に最終のレベル4「有人地帯での目視外飛行」を目標に置く。

16
採用 大林組

このシステムは、船舶だけに限らず、トラックなどに搭載して日々運行ルールが変化する土木の建設現場でも有効利用することができる。 2019年7月に5000万画素の専用カメラを搭載した改良型を製品化し、認知拡大に注力している。

採用 大林組

アワビの成育に適した水質を保つため、ミネラルの補給や水槽の清掃方法も確立した。 ろ過した海水を常時供給する従来のかけ流し方式では、1時間に1~2回の水交換が行われていたが、新技術では、飼育水に人工海水を利用し、新たな水の供給は1日に水槽の2%程度で済むため、同じサイズのかけ流し方式と比べると給排水量が1200~2400分の1で済む。 「大林組はいわゆるゼネコンと言われる建築や土木の会社なのですが、宇宙まで行けるエレベーターを本気で考えていたり、都市における野菜栽培の研究をしていたり、アワビの養殖といった建設とはまるで関係なさそうなことまで実に幅広い「ものづくり」をしていて、建設の枠を楽々と超えている、とても自由で面白い会社でした。

4
採用 大林組

東亜建設工業は、港湾工事にAR技術を用い、船舶を安全に航行させる「ARナビ」を開発した。 スタッフリスト 企画制作 電通+エンジンフィルム+電通クリエーティブX 共通 企画制作 電通 ECD 藤田貴久 CD 奥野圭亮 C+企画 小川祐人 企画 関遼、仲澤南 AD 瀧澤章太郎 PRプランナー 山下学、根本陽平、森嵜渓登 CPr 名取康文 AE 宮崎裕之、阿部祐介、松林洋輝、瀬川茜 テレビCM 企画制作 電通+エンジンフィルム Pr 岡島淳、藤本修平 PM 臼井明里、土橋昴之助、ラビンコタリア Dir 井口弘一 撮影 内田将二 照明 米井章文 美術 山村一智 特殊メイク 小松義夫 HM 古久保英人 ST 中兼英朗、大橋涼 EDIT 平澤優(オフライン)、坂巻亜樹夫(オンライン) 音楽 冨永恵介 CG 高田健 CAS 村瀬耕平 原始人監修 馬場悠男 グラフィック 企画制作 電通+電通クリエーティブX D 浅岡敬太 レタッチ 原島良輔 Pr 川瀬理絵 PM 本橋美南海 P 興村憲彦. 大林組は水辺の工事で環境を守るために培った技術を活用し、海水がろ過装置を通る際に微生物を使ってふんや残った餌を分解、除去する仕組みを開発した。

19
採用 大林組

ストーリーの要となるのは、人類のものづくりの起源だという説のある、落雷によって生まれた「火」。 プラットフォームには、通信会社、ガス会社、保険会社が参加しており、将来ビジョンでは水道や電力、行政などとの連携も視野に入れ、異業種間での新規サービスの創出を見込む。 そんな中で立ち上がるコミュニケーションとして、人々に希望や勇気を持ってもらえるものが作りたかった。

15