長 鋪 汽船。 創業150年で大事故は初、モーリシャス重油流出の船主(1/2ページ)

モーリシャスの流出油、来年1月に「除去」 船会社説明:朝日新聞デジタル

海岸に漂着した油は引き続き、関係当局や地元の方々のご協力及び、当社が手配した油濁清掃業者により回収が進められています。 長鋪氏「本船の長期乗船者は2人。 名前:WAKASHIO わかしお 施工:2007年5月 総トン数:101,932 トン 全長:299. 世間の反応は? モーリシャスで日本の貨物船「わかしお」から漏れた燃料の拡散を食い止めるため、海辺に集まって油を吸着させる設備を手作りする住民たち ショッキングだ。 そんな理由で一国の存亡を決めるような事態をおかして良いわけがない。 追記 現地時間18日に「WAKASHIO」の船長と、副船長2人が航海の安全を脅かした容疑でモーリシャス警察に逮捕されました。

>

[モーリシャス座礁]貨物船の名前はわかしおで運行会社や航路はどうなっている?

航海計画によると、同島からは10から20マイル以上離れる計画だった。 当社は座礁事故発生後より社長をトップとする海難対策本部を立ち上げ、日本およびモーリシャスをはじめとする関係当局と連携して対応しています。 専門機関のスタッフの指導のもと、オイルフェンスの追加配備も計画しております。 会見では商船三井の業績への影響に関する質問も出た。 これまでも安全運航の取り組みを船主さんと共に、勉強を重ねてきた。

>

モーリシャスの流出油、来年1月に「除去」 船会社説明:朝日新聞デジタル

なお、この事故による乗組員の負傷はありません。 同時に船内に残っている燃料油の抜き取り作業にも着手。 3カ国出身船員の混乗は通常のオペレーションなのか。 引き続きタンク内の残油の確認、回収と流出油の回収に努力し、環境への影響を最小化することに全力を尽くしております。 その保険で、カバーされる運びになる。 加藤氏「救助業者が本船に乗船できたのが7月31日。 長鋪氏「事故後、乗組員らは2班に分かれ下船した。

>

当社船 座礁及び油濁発生の件

持主の長鋪汽船と船員を派遣した会社の責任。 ・ これは乗組員たちが私的に船を利用した結果起きた問題ということだよね。 また、現地への早期要員派遣を含め準備しています。 悲劇すぎるわ。 世界各地でこの手の事故は起こるし、つい去年だかにも日本近海でイランかどこかのタンカーが同じことをしても何も補償などなかったはず。 今回座礁した「わかしお」からは、1000トン超の重油が流出したと長鋪汽船や商船三井は推定している。

>

創業150年で大事故は初、モーリシャス重油流出の船主(1/2ページ)

長鋪氏「当社(長鋪汽船)は船主の立場。 1.油濁の防除状況(現地時間8月15日現在) 本船は座礁した現地時間7月25日時点で燃料としての重油約3,800トンと軽油約200トンを保有していました。 そして、 7月25日 モーリシャス島沖南東0. この度の事故に至った経緯及び原因究明につきましても引き続き当局の調査に全面的に協力します。 モーリシャス当局とも協議し、除去完了のめどがたったという。 一定期間、船をお借りし、荷物を付けて輸送する運航者だ。 座礁した時点で燃料としての重油約3800トンと軽油約200トンを保有し、船外に流失したのは油約千トンという。

>

モーリシャス沖の油除去、来年1月にも完了=長鋪汽船

本船を建造、所有し、乗組員を乗船させ、荷物を運べる状態にする。 社内の人材も現地に派遣して対応する」(小野副社長)。 そこまで詳細に見ることができていないのが現実。 乗組員は20人で、国籍はインド人3人、スリランカ人1人、フィリピン人16人。 長鋪氏「油の抜き取り作業は本船に横付けできるタンカーをもう1隻要請している。

>