Skin 短編 映画。 SKIN 短編

「Black Lives Matter」の高まり受け『SKIN』短編緊急配信

おそらくトランプ大統領も詳細を理解なんてしておらず、なんとなく今回のデモの裏には「ANTIFA」ってやつがいるんだ!と焚きつけて支持者にリップサービスしておこうと考えているだけなのでしょうが…。 トランプ政権が誕生し、シャーロッツビルの事件(注:2017年8月12日、大規模な白人至上主義集会が行われ、これに抗議する人々に車が突入し3人が死亡)が起き、シナゴーグ襲撃事件(注:2018年10月27日、ピッツバーグのユダヤ教礼拝所に武装した白人の男が乱入、11人が死亡)が話題になった。 」警戒していた。 『SKIN/スキン』を手掛けたガイ・ナティーヴ監督が、長編映画『SKIN/スキン』のアイデアや作品の主旨を理解してもらうべく、子供の視点から白人と黒人の人種問題を描いた作品である。 そんなブライオンに、反ヘイト団体を運営する政治活動家のジェンキンスが、転向の手助けを申し出て……。 差別と暴力に生きてきたブライオンは、シングルマザーのジュリーと出会い、これまでの自らの悪行に気付かされる。 過去の自分と決別するため、ブライオンは、計25回、16カ月に及ぶ除去手術に挑む。

Next

SKIN スキン(短編&長編) ‹ 上映作品 ‹ 出町座

解説 2003年にアメリカで発足したスキンヘッド集団「ヴィンランダーズ」の共同創設者ブライオン・ワイドナーの実話をもとに製作され、第91回アカデミー賞を受賞した短編映画を長編化した社会派ドラマ。 本作は2018年トロント映画祭で高い評価を受け、北米はA24が配給。 白人至上主義者だったブライオンが更生すべく、計25回、16カ月に及ぶ過酷なタトゥー除去手術に挑む様に密着したテレビドキュメンタリー『Erasing Hate』(2011)に感銘を受けたイスラエル出身のガイ・ナティーヴ監督が、長編映画化を企画。 THE RIVERは、新型コロナの影響で外出制限が本格化され始めたロサンゼルスの監督の自宅とつないだSkypeで話を訊いた。 差別問題議論を「心」で終始するのはそれこそ差別を招く恐ろしい行為です。 『SKIN』というタイトルが意味するもの C 2019 SF Film, LLC. クレーガーをパパ、シャリーンをママと慕い育ったブライオン。

Next

【解説】映画『SKIN/スキン』全身タトゥー男の狂気と贖罪描く実話、ヘイトに満ちた黒人差別主義者は生まれ変われるか ─ ジェイミー・ベルがダークサイド演じる

その結果は、見事に受賞だった。 しかし、ブライオンはおもむろに立ち上がりズボンを下ろし始め、警官を挑発。 新宿シネマカリテ、ホワイト シネクイント、アップリンク吉祥寺ほか6 月 26 日 金 よりロードショー!以降全国順次公開. 白人の父が気付く。 C 2019 SF Film, LLC. 十代で親に見捨てられ、白人至上主義者グループを主宰するクレーガーとシャリーンに拾われ、実の子のように育てられたブライオンは、今やグループの幹部となり、筋金入りの差別主義者となっていた。 同時に、「取り返しのつかない」暗闇の道を歩んでいることも。

Next

衝撃のラスト! ジェイミー・ベル主演「SKIN」の基となったオスカー短編、無料配信中

心優しい作詞家バーニー役を演じた『ロケットマン』とほぼ同時期に、この映画が米国公開されたとはにわかに信じがたい。 レイシスト団体とカウンターは衝突し、警察も介入する騒動へと発展していきます。 生まれたらそこで妥協して生きるしかない。 ここでいう「スキン」は、肌の色と共に、そこに刻まれた無数のタトゥーを指しています。 カンヌ、ベルリン、サンダンスといった主要な映画祭には間に合わなかったが、小規模な映画祭に多数ノミネートされ、いくつもの賞に輝いた。

Next

「Black Lives Matter」の高まり受け『SKIN』短編緊急配信

やはり、自らが望めばやり直せる環境は絶対になくてはならない。 多くのネオナチは、小さい頃から洗脳され、愛を失います。 間違いなく私の中にも。 ブライオンという男にとって、全身に刻まれたタトゥーは憎悪の証。 本作を観ていて気になるのは 「なぜブライオンはそもそも白人至上主義者になったのか」ということ。

Next

衝撃のラストに戦慄する―今この瞬間も広がる白人と黒人の人種問題を、子供の視点から強烈に描くアカデミー賞受賞作『SKIN 短編』無料限定公開!

タトゥーを入れたまま外に食事に出かけ、周囲の反応を観察したりもしていたようです。 それでも、自らが愛を育むべき女性とその連れ子たちと出会い、自分がどうあるべきか、どうなるべきかを思い知らされる。 テルアビブ(イスラエル)のベン・グリオン空港で、ナティーヴはコーヒーショップに座って新聞を読んでいた。 今もなお止むことのない差別主義の連鎖をどのように断ち切ることができるのか。 ジュリーの家庭はブライオンに愛を与えてくれました。 白人至上主義者に育てられ、差別と暴力に満ちた生活を送るブライオンは、シングルマザーのジュリーと出会い、これまでの悪行を悔いて新たな人生を築こうと決意する。 警察署を出ると、外で黒人女性に 「モンスター」と怒鳴られますが、気にしません。

Next

SKIN 短編

本作の製作にあたり、ガイ・ナティーヴ監督が長編のアイデアや作品の主旨を理解してもらうべく製作した『SKIN 短編』は、レイシストの父に洗脳され、殺人マシーンとなった少年が起こした悲劇を描いている。 犯罪行為をカタルシスたっぷりに描いたりなんてことはしません。 」 「それに……」画面の向こうから、無邪気な笑い声が聞こえる。 暴力と憎しみにまみれた過激な白人至上主義者が、「ヘイト」の恐ろしさや虚しさに気付き、闇から抜け出そうとする姿を描いた、鬼気迫る一本だ。 少年は母と一緒に夫の行方を探す。 もちろん実際の痛みも相当なものだというのもありますが、そこにはブライオンの 心理的な痛みも投影されているわけですから。

Next

レイシストの贖罪を実話もとに描く 米映画『SKIN/スキン』5月公開

顔面にも所構わず彫られており、この男が常軌を逸していることを物語っている。 映画には、別の少年を巧みに勧誘する場面もあり、満足に衣食住にありつけない子どもが、疑うよりも先に目の前の「パン」に飛びついてしまう様子が描かれています。 「 撮影期間中、ジェイミーは常に怒っていました。 「なぜブライオンはそもそも白人至上主義者になったのか」「なぜブライオンは白人至上主義者をやめたのか」は本作を観て語れます。 主人公のブライオン役に『ロケットマン』のジェイミー・ベル、ブライオンに新たな道を示す女性ジュリー役に短編『SKIN』にも出演したダニエル・マクドナルドがキャスティング。 けれども実際に組織を作り上げ、ネット上だけでなく リアルでも活動を展開する人も世界各地にいて、そうした ヘイト団体の数は数千にも及ぶとされています(もちろん日本にも存在する)。 同じ「SKIN」というタイトルで、短編と長編、それぞれの特性をいかした味わいの違う2種類の作品を生み出している点に、ガイ・ナティーヴ監督の多才さを見てとることができます。

Next