国勢 調査 職業 分類。 総務省|統計基準・統計分類|日本標準職業分類(平成21年12月統計基準設定) 分類項目名

統計局ホームページ/17 産業,職業

ただし、当該国勢調査を行った年から五年目に当たる年には簡易な方法による国勢調査を行い、国勢統計を作成するものとする。 【民間企業等での利用】 国や地方公共団体だけではなく、民間企業でも経営判断などに国勢調査の統計が利用されています。 これに先立つ2010年12月、国勢調査に関わる町の不正を告発するの文書が、統計局に届き 、2月、総務省が現地調査を行った結果、居住実態のない国勢調査票が303人分見つかり、この国勢調査で人口の「水増し」が行われた可能性があることが指摘された。 703 陸上荷役・運搬従事者• 299 その他の外勤事務従事者 中分類 30-運輸・郵便事務従事者• 543 自動車組立従事者• 20「内国統計史」• 493 金属工作設備制御・監視員• 不明な点があったら(調査票にいくつも記載があったりした場合など)記載者にお尋ねすることは100%否定しません(そのために連絡先電話番号の記載をお願いしています)が、産業分類の内容までは尋ねません。 494 金属プレス設備制御・監視員• 577 印刷・製本検査従事者• (国勢調査に関する各種の疑問に対するの回答については、を参照)• 495 鉄工・製缶設備制御・監視員• 国勢調査が全数調査として実施されることで、ほかの様々な統計の高い精度が確保されています。 大分類名称について、統一を図る観点から、「作業者」と「従事者」が混在していた表現を「従事者」に統一した。

>

国勢調査について質問です。記入欄に『勤務先名』と『勤務先住所』...

集計は独立行政法人でコンピュータ処理により行う。 一昔前は、ニュースで証券取引所の映像が流される時は、決まって「場立人」が活発に手サインを出す姿が映されていたものである。 しかしにより延期され、結局1920年(大正9年)10月1日に第1回の調査が行われた。 中分類 49-生産設備制御・監視従事者(金属製品)• 413 ビル管理人• その結果は、『』(2009年4月)に公表されている。 。 大規模調査と簡易調査の違いは調査項目数にあり、従来から、大規模調査は22項目、簡易調査は17項目を調査している(調査年により変遷がある)。

>

統計局ホームページ/平成27年国勢調査 調査結果の利用案内 -ユーザーズガイド-

372 歯科助手• 193 中学校教員• 092 土木技術者• ワープロは筆者も大学生の卒論で四苦八苦しながら操作したのを覚えているが、日本で初めて専用機が発売されたのは昭和53年(1978年)で東芝の「JW-10」である。 382 美容師• 407 娯楽場等接客員 中分類 41-居住施設・ビル等管理人• 196 特別支援学校教員• 406 芸者,ダンサー• 083 機械技術者(開発を除く)• 非常勤の国家公務員である。 中分類 25-一般事務従事者• 第18回調査(2005年)では、調査費用は約650億円が予算計上された(他に、前年の予備調査等に約20億円。 これだけ遅くなった背景には、• 52 化学製品製造作業者• 1920年の第一回。 262 預・貯金窓口事務員• 産業分類又は商品分類的な視点からの独立• そこで、次回は「」を探求してみる。 25歳以上。 701 郵便・電報外務員• 683 ダム・トンネル掘削従事者 中分類 69-採掘従事者• 249 他に分類されない専門的職業従事者 大分類 C-事務従事者• また、国勢調査は、ほかの統計調査を設計するための基礎となる「フレーム」(母集団(調査対象全体)の抽出枠)の情報を提供するという役割があります。

>

総務省|統計基準・統計分類|日本標準職業分類(平成21年12月統計基準設定)-日本標準職業分類の変遷

第三十八条第二項に規定する及び同条第三項に規定する、(おおむね患者二百人以上の収容施設を有するものに限る。 169 その他の社会福祉専門職業従事者 中分類 17-法務従事者• 警察の捜査の結果、町長ら幹部を含む83人が統計法違反やの容疑で送検された。 国勢調査の調査項目は、我が国の人口・世帯の実態を把握するために必要不可欠なものであり、そのため、統計法によって、調査対象者に回答していただく義務(報告義務)を課して行っているものです(統計法第13条)。 行政機構の改革により、昭和27年8月から統計委員会職業分類専門部会は、組織の構成は従来どおりのまま、行政管理庁統計基準部職業分類専門部会となったが、昭和28年3月には日本標準職業分類の草案が刊行された。 これは、国際連合が、世界の人口・経済の動向を一斉に把握することを目的として、西暦の末尾が「0」の年を中心に「世界人口・住宅センサス計画」を提唱し、世界各国に国勢調査を実施することを勧告しているためである。

>

国勢調査 平成27年国勢調査 平成27年国勢調査に用いる産業分類・職業分類

401 飲食店主・店長• 161 福祉相談指導専門員• 611 バス運転者• 居住実態のない国勢調査票について東浦町側は当初、平成22年国勢調査から調査票に記入漏れがあった場合は、の担当職員が書き加える、という新制度が設けられたことを受けて、町職員が居住実態を確認することを怠ったまま、に基づいて調査票に居住者を書き加えた事務的失態であった、と説明していた。 【公的統計の基礎】 このほか、国勢調査の結果は、ほかの公的統計を作成するための基準として用いられています。 1970年に行われた国勢調査での人口は2万8000人余であったが、翌1971年になって同町町議のがきっかけとなり約5,900人もの人口の水増しが行われていたことが発覚した。 163 保育士• 就業状態• また、2010年に行われた国勢調査においての人口は、速報値では50,082人であったが、総務省統計局が再調査した後の確定値は49,800人であった。 349 その他の営業職業従事者 大分類 E-サービス職業従事者• 312 データ・エントリー装置操作員• 361 介護職員(医療・福祉施設等)• 721 包装従事者 中分類 73-その他の運搬・清掃・包装等従事者• 国勢調査は統計法第5条を根拠とする「基幹統計調査」と位置付けられており、基本的には5年ごとに、なおかつ「が5の倍数の年」に実施される(後述)が、総務大臣が必要があると認めるときは臨時の国勢調査を行うこともできると規定されている(第5条第3項)。 同分類の例示は、放送受信料,電気,ガス,水道,新聞購読料がラインナップされている。 663 屋根ふき従事者• 回答は20日に一度締め切られ、回答しなかった世帯には26日から調査員が改めて調査票を配布する(この日より10月20日まで再度インターネット回答が可能になった)。

>

国勢調査から消えた「平成の職業」

422 物品一時預り人• 579 その他の製品検査従事者(金属製品を除く) 中分類 58-機械検査従事者• …提供分類や表題といったメタ情報 付属情報 を検索します。 301 旅客・貨物係事務員• いわゆる、ネットトレーディングの一般化による。 634 船舶機関員• 回答はできる限りインターネットでお願いします。 国勢調査はこのように重要な統計調査ですので、国の統計に関する基本的な法律である統計法で、基幹統計調査としての位置付けが特に規定されており、 さらに、総務大臣には国勢調査を実施することが義務付けられています(統計法第2条第4項及び第6項、第5条第1項及び第2項)。 )、、の営舎その他これらに類する施設の存する区域• 392 バーテンダー 中分類 40-接客・給仕職業従事者• 351 家政婦(夫),家事手伝い• 499 その他の生産設備制御・監視従事者(金属製品) 中分類 50-生産設備制御・監視従事者(金属製品を除く)• 地域の振興計画や街づくり、福祉対策などの各種の行政施策の基礎資料としては、男女、年齢別などの基本事項と組み合わせた就業の状況や従業地・通学地の状況など様々な統計を必要とするため、国勢調査を行う必要があります。 645 建設・さく井機械運転従事者• 当時のパリは社交文化が華やかであり、週末になるとあちこちでパーティが催されていた。 50音から探す• 出生の年月• この調査員は、手間を省けることを理由として挙げており、同市は、回収分は有効としたものの、に繋がりかねないとして、議論となっている。

>