岩崎 弥太郎。 岩崎弥太郎の名言・格言(三菱創業者の言葉)

弥太郎 岩崎

1855年安政2年に、父親の弥次郎が酒席で庄屋と喧嘩をして投獄されたことを知り帰国します。

弥太郎 岩崎

そのような事情から極貧生活を強いられた弥太郎ですが、頭脳明晰で10代で儒者・小牧米山に弟子入りし、20代になると江戸に出て昌平坂学問所の教授・安積艮斎(あさかごんさい)の見山塾に入塾。 それにより、岩崎弥太郎も土佐藩士としての立場を失ったわけですが、 後藤象二郎や板垣退助の説得により、九十九商会の経営を行うことになったのです。 明治10年(1877)の西南戦争では社船38隻を稼働させ、政府軍の弾薬・食糧などを輸送。

11
弥太郎 岩崎

蚊帳の外にいた弥太郎はに転勤を頼み、元年()、大阪出張所(大阪商会)に移る。 豊弥の妻・武子は旧主・の三女で、豊弥・武子夫妻の長女は長くの侍従長を務め、としても知られる(の支流の流れを汲むの三男)に嫁いだ。

19
弥太郎 岩崎

各務鎌吉・繁尾夫妻には一人娘光子もおり(元富士紡績専務・大山ハム創業者。

19
弥太郎 岩崎

弥太郎の長男で三菱財閥三代目総帥となったは寧子夫人(旧主・の長女)との間に長男・彦弥太(元取締役)、次男・(元会長)、三男・恒弥(元常務)、長女・(の創立者)ら3男3女をもうけた。

18
弥太郎 岩崎

はPM社営業権買取を主張し、三菱は買取に成功した。

18
弥太郎 岩崎

そして九十九商会には藩船が3隻、払い下げられることになります。 そして後藤象二郎がその開成館の主任を岩崎弥太郎に命じたのです。

18