マウンテン ハード ウェア。 マウンテンハードウェアのサイズ表

ウェア マウンテン ハード

自分が冬山で履くブーツに合うかどうか、確認したほうがよいだろう。 試着させてもらうと。

13
ウェア マウンテン ハード

僕が以前試したマウンテンハードウェアのジャケットには腕の長さが余ってしまうものも多かったが、コヒージョンジャケットは過不足ないサイズ感なのがうれしい。 テント場で3張テントが並ぶと、そこの空間だけマウンテンハードウェアのショールームのようです! まずは、 メッシュボディの2ウォールテント。

ウェア マウンテン ハード

安くはありませんが、値段に見合った安心感を提供してくれるゴアテックスは、やはりとても優秀な素材と言えるでしょう。

2
ウェア マウンテン ハード

このシンクロスノージャケットは、2003年に世界初の防水ソフトシェルとして脚光を浴びたシンクロジャケットの系譜を継ぐ、由緒あるニューアイテムです。 まだまだテン泊縦走にはちょうどいい時期。

20
ウェア マウンテン ハード

ジャケットを着たままで屈むと、たるんだ生地が腹部に溜まり、しかも硬いファスナーがゴワついて不快だ。 ファスナーがきれいに折りたためられている感覚といってもいいだろう。

1
ウェア マウンテン ハード

また、ウェア内部で温まった空気は上昇して首元から逃げていくものだが、そのときフードをかぶっていれば暖気の流出を止める働きも期待できる。 防水透湿性のドライQが使われ、生地は40デニールという分厚さで、一目見ただけで強靭なことがわかる。

8
ウェア マウンテン ハード

薄手のソフトシェル素材で、これからの暖かい季節に活躍しそうな一着である。 今回は新作チェックの「前編」として、ハードな環境でも活躍する防水性のウェアや速乾性のシャツをピックアップしていきたい。

15
ウェア マウンテン ハード

他のダウンとは全く違った着心地の良さです。 毎年、毎期、さまざまなアウトドアブランドから新作ウェア&ギアが続々と登場している。

ウェア マウンテン ハード

血管が表面を流れている頭部は体の中でも熱が逃げやすい場所だが、そこを温かな中綿で守れば体温を守れるわけだ。 ゴアッテックスパックライトのような感じですが、すこしこちらのほうが、パリパリ感がありました。

18