第 三 次 世界 大戦。 2034年、第三次世界大戦勃発のシナリオ

世界 大戦 第 三 次

戦闘は2時間で終結し、和平交渉が開始された。

世界 大戦 第 三 次

不安を感じながらも、普段通りの日常を送っていたの人々の頭上で核が炸裂する。

14
世界 大戦 第 三 次

開戦初日で5億人が死亡、アメリカは崩壊し、ソ連も大きな打撃を受けた。 ドイツの3B政策 一方、イギリスの敵、ドイツは3B政策を進めていた。

世界 大戦 第 三 次

このうちソ連の犠牲がもっとも大きく、戦死者約1360万人、民間人を含めて約2000万人、全人口の10分の1以上であった。 の一部であったボリシェヴィキ(「多数派」の意)は1905年革命以降、その指導層の大半が亡命していた。

3
世界 大戦 第 三 次

11月初、イギリス、フランス、ロシアがオスマン帝国に宣戦布告した。 これにより人類社会は壊滅するが、参戦国などの詳細は語られていない。 しかし、このような考え方が日本政府の公式の意向に沿うものであったとは考えにくい。

12
世界 大戦 第 三 次

スウェーデンにおいては親ドイツの雰囲気を持っていたが、これも伝統的政策に則って中立を宣言した。 それはドイツがポーランドの一部を得る代わりに、バルト三国をソ連が得るというものだった。

9
世界 大戦 第 三 次

これと同時にギリシアにも侵入してイギリス軍を撃退し、さらに5月には空挺 くうてい 部隊でクレタ島を占領した。 1941年3月30日、ヒトラーは200名余の軍司令官に演説し、「共産主義は将来の危険である。

12
世界 大戦 第 三 次

()32万人は強行軍してイギリス海外派遣軍を封じ込もうとしたが、その過程で自軍の西側の守備を無視してしまった。 国際連盟の威信は地に落ち、英仏とイタリアの対立は激化した。