コロナ ワクチン いつ できる。 新型コロナウイルス感染症のワクチンはいつできるのかと待望論:この機会にワクチンについて考える

いつ できる ワクチン コロナ

一般にウイルスは増やすのに苦労するものなのに、新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスやC型肝炎ウイルスの1000倍くらい増える。 それでも、とまらない感染拡大で混乱している世界のために、ワクチン完成後でなければできないことはワクチン完成後に行うとして、承認について、今からできる事務処理だけでも、もう準備を進めておいてほしいものです。

いつ できる ワクチン コロナ

ワクチンはどうやってできるの? まずはそもそもワクチンとはどうやってできているものなのかをご紹介します。 また、中国では、4月に第2回目の臨床試験が開始。

17
いつ できる ワクチン コロナ

西側以外では、ロシアが「スプートニクV」を世界で初めて国家承認した。 日本もワクチン開発に乗り出しています。 参加者の半分にワクチン、残りの半分にプラセボ(偽薬)の生理食塩水を投与したうえで、ワクチンの効果を検証するため参加者が新型コロナウイルスに感染するのを待った。

6
いつ できる ワクチン コロナ

こちらの臨床試験は早くて 今年の9月から行われる模様です。 また、中には複数種類の成分をあわせて1つにしたワクチンも存在します。

8
いつ できる ワクチン コロナ

(記事内の情報は令和2年11月日のものです) ワクチンとは? ワクチンとは感染症の原因であるウイルスや細菌を精製・加工して無毒化、もしくは弱毒化したものです。 世界中でコロナウイルスのワクチン開発が猛スピードで進められているようですが、日本では、早ければ年明けぐらいにはできる可能性があると言われています。 が、どんな形であれ「安全性と有効性の確認」が不十分なまま承認に踏み切れば、ワクチンに対する信頼が損なわれ、より多くの人々がワクチン接種を躊躇するようになる。

1
いつ できる ワクチン コロナ

実際、米国ではワクチンの治験で深刻な副作用が疑われる事例が発生し、日本での治験も中断されたこともあるとか。

いつ できる ワクチン コロナ

また、ワクチン開発にはさまざまなプロセスがあり、疑問を感じる点も少なからずあります。

19