ハット トリック 馬。 【海外競馬】ハットトリック産駒Win Win Winが後方ポツンから差し切り米G1制覇

ハットトリック

レースでは中団後方から残り200メートル余りで逃げるFamily Oneをかわして抜け出し、3馬身差の快勝でG1初制覇を飾った。 6という恐ろしい上がりを記録していた。 いろんな経験をさせてくれました」とコメントを発表した。 1頭だけにも映らないほどの後方にいたものの4で追いつき直線で差し切った。 0 柴田善臣 56 (インセンティブガイ) 486 0000. 2011年には本馬1頭の活躍で仏国の2歳首位種牡馬及び新種牡馬ランキング1位を獲得した。 19 京都 マイルCS GI 0芝1600m(良) 18 4 8 013. 1番人気に支持されると、後方から上がり33. その後、安田記念を目指して調整を重ねていたが、のなどの海外から種牡馬としてのオファーに馬主のキャロットファームが応じ、に現役引退を発表、と南半球を半年ごとに行き来するシャトルとして第2の生活がスタートすることになった。

>

ハットトリックとは (ハットトリックとは) [単語記事]

名の由来はもちろんのから。 0 柴田善臣 56 (インセンティブガイ) 486 0000. 中団後方から差し切って重賞初制覇を挙げる。 しかしレースではかかり気味に中団を追走し、直線では2度の前が壁になる不利もあって伸び切れず、約1馬身差の6着と敗れた。 04 GIII 0芝1800m(良) 15 3 5 003. 3戦目の重賞で敗れた後、角居厩舎に転厩したのだ。 25 G1 0芝1777m(良) 15 5 12着 01:51. このレース後にシュプリンガー氏のところには本馬を売って欲しいという高額の申し出が複数あったそうだが、シュプリンガー氏は自分達家族の名前を組み合わせて命名した本馬は既に家族の一員であるとして、売ることはしなかった。

>

ハットトリックの血統・競走成績

デビューは遅く、3歳の5月になってからだった。 レースでは馬群の中団内側を走り、直線に入ると残り300m地点で馬群を捌いて伸びてこようとした。 又、同年の3月からはのエルマリン牧場でも半年間のシャトル種牡馬として繋養生活を送っていたが、の秋にへ帰国した。 しかしハットトリックならまだ、ハットトリックは20年に1度見られるかどうかというのであり、守備戦術の発達した現代のではほぼに近いとされている。 ここではジュライS勝ち馬フレデリックエンジェルスが単勝オッズ3倍の1番人気で、ソゴルブ騎手からF・デットーリ騎手に乗り代わった本馬が単勝オッズ3. 上がり3最速級の末脚で勝つか、すら外す惨敗かの2択という快なであった。 ブライトジェネレーションの祖母マディナはモルニ賞の勝ち馬で、母系を延々と遡ると1882年の英オークス馬ゲハイムニスに行きつく。 そこで主催者は全馬の再計量を命じた。

>

ダビルシム

いずれも日本産馬としては初の快挙である。 残り500m地点でフレデリックエンジェルスがスパートしたが、手応えが無くやがて失速。 さらに続く東京新聞杯でも後方から上がり32. また これら2つの記録は両方ともに記録されている。 多くの人に沢山の逸話を残し、世界を制したマイラーは異国で唐突に逝ってしまった。 これにより出走頭数わずか1頭で2011年度のフランス2歳リーディングサイアーおよびファーストクロップリーディングサイアーとなった。 また、海外G1となると同年のアメリカンオークスを制したシーザリオに続く2勝目となった。 3日、繋養先であるブラジルのアラススプリングフィールドで、ハットトリックが種付け後に急死したことを南米紙ターフディアリオが報じた。

>

世界中で活躍する種牡馬ハットトリックの産駒たち

2400メートルの世界レコードとされるのは、・サンイシドロ競馬場でアシデロが99年に記録した2分21秒98(芝良)。 しかしその後低下し、2016年は38頭となっている。 これじゃあれなんで京都金杯の1着馬が次走がどうだったかというと 2005ハットトリック 東京新聞杯1着 2006ビックプラネット 小倉大賞典8着 2007マイネルスケルッティ高松宮杯6着 2008エイシンデュピティ東京新聞杯7着 2009タマモサポート 東京新聞杯6着 2010ライブコンサート 東京新聞杯10着 2011シルポート 東京新聞杯6着 2012マイネルラクリマ 東京新聞杯8着 2013ダノンシャーク 読売マイラーズC 3着 2012年2着馬 同年東京新聞杯5着 2014 エキストラエンド 東京新聞杯2着 2015ウィンフルブルーム 福島テレビOP 1着 2016ウィンプリメーラ 京都牝馬3着 京都金杯と東京新聞杯の連覇はハットトリックまで遡らないとない。 さてハットトリック以外で共通しそうなのが立回りうまさで買ったタイプが軒並み (エキストラ以外)全滅といえそう。 最優秀内産に入れたはちゃんと血統表見ましょうね~ 余談だが、彼と1歳下のの活躍でームはのある一口となった。

>

世界中で活躍する種牡馬ハットトリックの産駒たち

既走馬相手に楽に抜け出したデビュー戦、32秒台の脚で後方から差し切った2戦目。 このレースからクリストフ・スミヨン騎手に乗り代わった本馬が単勝オッズ1. ちなみに6得点を挙げることを ハットトリックと呼ぶ。 現在の室井(右端)。 第62回サンルイレイS(GII、4歳上、芝左)で、、を勝ったの産駒ブライトソート(ケンタッキー州産、米=J・グティエレズ、牡4)が2分22秒72(良)で優勝。 重賞2連勝とした。

>

ハットトリック(競走馬)とは (ハットトリックとは) [単語記事]

大器とされたが、師がで大成出来なかったフチ• その後は角居厩舎に転厩。 2010年産• その後は香港へ遠征。 と思いつつも気に入りませんね、前走と前々走。 本項にて解説。 さらに続く毎日王冠では12着、天皇賞(秋)では8着、マイルチャンピオンシップでも8着と敗れ、この年は一度も掲示板に載ることなく一年を終えた。 休養に入る。

>