大政 奉還。 【大政奉還と徳川慶喜】彼の狙いと誤算、王政復古の大号令まで

奉還 大政

新政府軍の陰にはイギリスが、徳川幕府軍の陰にはフランスがついていました。 1913年に77歳にて死去、倒幕・戊辰戦争でその身を危ぶまれた徳川慶喜でしたが、戦死や暗殺に遭うことなく寿命を全う、 77歳での死去は歴代の征夷大将軍の中で最寿命となりました。 慶喜がその気になって戦えば、勝つ可能性は高かったと思われます。

4
奉還 大政

その時に、天皇のもとで徳川氏主導の政権を作ればいい」と考えたのです。 相当にギリギリでした。

1
奉還 大政

船中八策は龍馬が後藤象二郎に話し、それを後藤が山内容堂に進言し、徳川慶喜に建白を出したことで大政奉還が行われたのですが、これには狙いがありました。

2
奉還 大政

なぜ大政奉還は二条城で行われた? 元々京都の二条城は、徳川家康が豊臣及び朝廷を監視するために1603年に建てたものであり、のちの豊臣秀頼と家康の会談や、大坂の陣における家康の本拠点として重要な役割を果たしていました。 これを受けた徳川慶喜は内外の情勢を熟慮し、2日に幕府の老中以下有司を、さらに翌2日には在京の諸藩の重臣を二条城に集め、大政奉還の決意を表明した。 確認 池田屋事件 1864年、 新選 組 佐幕派 によって尊王攘夷派が襲撃されました。

15
奉還 大政

戊辰戦争を起こすのです。

3
奉還 大政

特に長州が尊王攘夷の急先鋒でしたが、いったん幕府は薩摩と協力してその勢力をそぎ、さらに孝明天皇に朝敵(ちょうてき。 折の長州征伐の失敗で幕府の力のなさを痛感した慶喜は、いったん正式に天皇に政権を返上するということで、 尊王攘夷志士の不満を鎮めようとしました。 大政奉還を推進した慶喜や土佐藩を中心とするグループは慶喜や雄藩の藩主などの実力者で構成される議会によって政治を行う公議政体論を推し進め、 三権分立や郡県制の導入などを行おうとします。

10
奉還 大政

幕末の人物でありながら、大正まで生き続けてくれたなんて、急に親近感が生まれてきます。 その後、結局は「 」で新政府軍と徳川幕府軍は争うこととなり、 という歴史を辿ることとなります。

奉還 大政

将軍から退いた後、徳川慶喜は政治的関心も野心も一切持たず、写真や狩猟をはじめとした 趣味に没頭する生活を送ったそうです。

1
奉還 大政

徳川家の子孫だという誇りは当然あったと思いますが、このように自由に生きるのも素晴らしいし、素敵だと思います。 この前夜、と長州藩の広沢真臣が岩倉邸に赴き、薩摩藩主父子宛の討幕の密勅と長州藩主毛利敬親父子宛の朝敵赦免、官位復旧の詔勅が渡される。

18