労働 基準局。 時間外労働・割増賃金

基準局 労働

同業他社への就業禁止など労働契約についての紛争• 法令内容を具体的に解釈した「通達」の発行業務も行っています。 支払わせるなら、そのような義務も果たしていただきたい。 労働基準監督署の調査は、悪質なケースを除いては、処罰することが目的ではなく、将来に向かって、法律を守ってもらうということが重視されるので、真摯に対応するのが一番です。

基準局 労働

労働基準局とは?• su-display-posts-template-single h2. 労働基準監督書に動いてなんらかの対応をしてほしいのであれば 「実名・申告・直接訪問」がおすすめです。 小人数の会社でも「就業規則の作成」「雇用契約」の指導を起業する際にはハローワークから指導があってもよいのではないか?また、労働基準監督署もそのような指導は全くないのも腑に落ちない。

基準局 労働

安全への配慮が不十分な危険な現場での作業• (昭和31年6月4日 法律第126号)• に規定する労働基準監督官の職権の行使に関すること。 1つの会社で別々の場所に工場・支店などがある場合は、通常はその工場・支店などがそれぞれ1つの事業場にあたりますので工場・支店などごとに36協定を締結し、それぞれの所在地を管轄する監督署長に届け出る必要があります。 何か法律トラブルに巻き込まれた際、弁護士に相談するのが一番良いと知りながらも、どうしても費用がネックになり相談が出来ず泣き寝入りしてしまう方が多くいらっしゃいます。

6
基準局 労働

。 せっかく勇気を出して訪問したにも関わらず「相談内容はこの機関では解決できない」「証拠がないと動けない」などの対応をされてしまわないよう、労働基準監督署に申告される場合は事前の準備をおすすめします。

基準局 労働

法定労働時間とは、1日8時間、1週40時間(一部の特例措置対象事業場については44時間)と定められていますが、変形労働時間制を採用する場合を除いて、この時間を超えて労働させる場合は時間外労働となります。

基準局 労働

労働保険徴収課の所掌事務(厚生労働省組織令第64条)• 日頃労働基準監督署に用があるのは雇用保険、労働保険の申請にしか関わることがなく、その際にでも就業規則の有無を尋ねられる事は一切なかった。 ) ご自身、そして大切な家族をトラブルから守るため、まずは資料請求からご検討されてはいかがでしょうか。

10