阪神 淡路 大震災 マグニチュード。 阪神淡路大震災の死者数や死因~震度や震源地・前震や余震など総まとめ

マグニチュード 大震災 阪神 淡路

() - 兵庫県西宮市の自宅で被災。 倒壊して死者の出た住宅は1982年(昭和57年)以前の建築物件で、当時の建築基準法により設計されていて耐震性が弱かったともいえる。

マグニチュード 大震災 阪神 淡路

神戸海洋気象台(神戸市)および洲本測候所(小路谷)では震度6を観測し、地震機動観測班による現地調査で兵庫県南部の広い範囲に加え、大阪府でも大阪市佃、庄本町、住吉において震度6と判定される地域があった。 神戸市では震災翌年、自殺者が減少したが、その後増加に転じ、震災3~5年後は人口10万人当たりの自殺率が全国を上回った。

マグニチュード 大震災 阪神 淡路

震度7を記録した特に被害が大きかった地区は神戸市須磨区、芦屋、西宮、宝塚などで、住宅のおよそ30%が倒壊するなど深刻な被害を出してしまいました。

15
マグニチュード 大震災 阪神 淡路

マグニチュードが1大きくなると地震のエネルギーは約32倍大きくなるというのは、 どのサイトみても共通しているので、仮にこの32倍が正しいのであれば、 東日本大震災は阪神淡路大震災のマグニチュードの約1000倍となろうかと思います。

13
マグニチュード 大震災 阪神 淡路

解析結果はいくつかあり、• しかし、その多くが被災地を離れた郊外や周辺の自治体に建設されたために避難所から仮設住宅への移行が進まなかった。 東海道・山陽本線が分断されたために、電車列車(電車のを下ろした状態で運行する)をを使って、電化されていない区間の含まれる播但線・山陰本線を経由してまで回送した。

6
マグニチュード 大震災 阪神 淡路

阪神・淡路の被災地でも、震災前からまちづくりの取り組みが見られた地域では復興への動きは早かった。

1