イアン ディオール。 【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算4週目のNo.1、ギャビー・バレット&チャーリー・プース最高位更新

10月24日付米ビルボードソングスチャート、24Kゴールデン feat. イアン・ディオール「Mood」が初の頂点に

タイミング次第では、今後Hot 100での首位獲得も期待できる。 にて数週間で数十万再生された「Cutthroat」、「Emotions」や「Molly」をリリースし急激に注目を集めた。 高校生の時に、友達から楽曲を作って欲しいと頼まれたことがきっかけで楽曲制作をしてはアップロードすると、口コミで広がり、Internet Moneyの創設者のTaz Taylorの耳に届く。 ビリー・アイリッシュの登場により、アリアナ・グランデの「ポジションズ」は2位から3位に、ギャビー・バレットの「アイ・ホープ feat.。 今週新たにTOP10入りしたタイトルはないが、10月3日付チャートで3位にデビューしたジャスティン・ビーバーの「HOLY feat. Biography 1999年3月プエルトリコ生まれ、テキサス育ち。

>

イアン・ディオール

初のトップ10入りを果たしたこの曲はストリーミングが好調ながら、前週比7%ダウンの2170万となっています。 登場9週目で1位に到達したのは、2020年度では最短記録。 ディオールの人気はその後も上昇し、を拠点とする10K projectsにサインされる。 2019年頭にアルバム『Nothings Ever Good Enough』をリリース。 ドン・トリヴァー & ナヴ「Lemonade」 カーディ・B feat. 先週4位に再浮上したザ・ウィークエンドの「ブラインディング・ライツ」は、再び5位にランクダウンしたものの、これでTOP5のランクイン数を33週目に、TOP10のランクイン数を39週目にそれぞれ更新した。 先週に引き続き、カーディ・Bの「WAP feat. こちらもラジオの伸び率が良く、エアプレイ・チャートでは今週の<Airplay Gainer>を獲得して42位にデビューした。 ビリー・アイリッシュは、昨年「bad guy」で2000年代に生まれたアーティストとして初の首位獲得という記録も達成している。

>

イアン・ディオールとは

週間ストリーミング数は、前週から32%増加の2,530万回を記録している。 ダウン幅は記事未記載ながら、首位からの陥落はおそらくダウンロードの急落に因るものと思われます。 週間2,170万再生を記録して、ストリーミング・ソング・チャートでは4位から2位に最高位を更新した。 エアプレイ・チャートでは2位をキープし(週間7,810万回)、デジタル・ソング・セールス・チャートでは15位から6位にTOP10入りした。 チャーリー・プース」。 先週4位に再浮上したザ・ウィークエンドの「ブラインディング・ライツ」は、今週も同位をキープしてTOP5のランクイン総週を歴代最多の30週目に、TOP10での滞在記録を36週目にそれぞれ更新した。 🏆 Get a full breakdown of this week's top 10 songs: — Hot100通算1112曲目の1位、今年17曲目の首位となった「Mood」。

>

【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn「ムードfeat.イアン・ディオール」初首位、インターネット・マネー&ガンナTOP10入り

エアプレイの伸び率が良いのは、ジャンルをクロスオーバーしてオンエアされているのが大きな要因。 キャリア [編集 ] ディオールは最初Olmoの名で音楽制作を始めた。 2019年4月にはTrippie Reddや 6IX9NEなどが所属する10K Projectsと契約し、一気に注目を浴び、「Gone Girl feat. カーディ・B」(2018~19年) 33週 ポスト・マローン「サンフラワーwithスウェイ・リー」(2018~19年) 32週 トラヴィス・スコット「シッコ・モード」(2018~19年) 32週 ザ・チェインスモーカーズ「クローサーfeat. 94位から2位は歴代4番目のジャンプアップ記録で、前週の順位から90を超える上昇記録を達成したタイトルは、その他以下の6曲がある。 前週から70%増加の11,000ダウンロードを記録して、デジタル・ソング・セールス・チャートで10位から5位に、6%増加の1,630万視聴でストリーミング・ソング・チャートでは13位から9位に、それぞれ順位を上げた。 の双方で、10月24日付において「Dynamite」が首位を獲得しています。 生い立ち [編集 ] ディオールは1999年3月25日、で生まれ、で育った。

>

【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn「ムードfeat.イアン・ディオール」初首位、インターネット・マネー&ガンナTOP10入り

「ムード」はロック&オルタナティブ・ソング・チャートとオルタナティブ・ソング・チャートでそれぞれ8週目の首位をキープし、ラップ・ソング・チャートでも今週1位を獲得した。 通算26週目となる同指標制覇ですがこちらも前週比2%ダウンの7680万。 同番組で披露したもうひとつの新曲「Lonely with ベニー・ブランコ」は、今週14位に初登場。 チャーリー・プース」は、今週3位に最高位を更新。 イアン・「Mood」 2位 3位 カーディ・B feat. 「Dynamite」は両指標ともにダウンしているものの、両チャート共にダウンロードが10%以上ダウンしているのに対しストリーミングは10%未満で抑えられており、ストリーミングで踏みとどまっていることが解ります。

>

【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算5週目の首位、ビリー・アイリッシュ新曲2位へ上昇 | ガジェット通信 GetNews

チャーリー・プース 5位「ラフ・ナウ・クライ・レイター」ドレイクfeat. キャリア ディオールは最初Olmoの名で音楽制作を始めた。 ラップ・ソング・チャートでは「ムード」にその座を奪われたが、先週3位だったカーディ・Bの「WAP feat. デジタル・ソング・セールス・チャートでも23位から2位にTOP10入りし、エアプレイ・チャートでは43位にデビューした。 リミックスがリリースされてからの上昇率が良く、チャーリー・プースのクレジット効果がランクアップに大きく貢献したといえる。 リル・ウージー・ヴァートは74曲に更新し、アレサ・フランクリン(73曲)を抜く歴代15位に上昇している。 特にラジオエアプレイは直近7週のうち6週間もエアプレイゲイナーを獲得しており、同スパンでのエアプレイゲイナー獲得は2017年5-7月にかけてのダディー・ヤンキー & ルイス・フォンシ feat. ドン・トリヴァー & ナヴ「Lemonade」が前週から2ランクアップし10位に。 ドン・トリバー&NAV」インターネット・マネー&ガンナ 7位「HOLY」ジャスティン・ビーバーfeat. ダウンロードが前週比53%ダウンの44000で、同指標は制しているものの他指標がこのダウンを補完できなかったことが総合でのランクダウンにつながっていると言えます。

>

【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算4週目のNo.1、ギャビー・バレット&チャーリー・プース最高位更新

チャーリー・プース 7位「Dynamite」BTS 8位「ロックスター」ダベイビーfeat. チャーリー・プース」はは3位から4位に、ドレイクの「ラフ・ナウ・クライ・レイター feat. 先週2位にダウンしたアリアナ・グランデの「ポジションズ」は同位をキープしたが、初登場から2週間トップを維持したストリーミング・ソング・チャートでは、再生数を伸ばせず3位に下降している。 エアプレイのみならず、アダルト・ポップ・ソング・チャートで23位、ポップ・ソング・チャートでは両者初の1位を獲得。 主要エアプレイでは初だが、カントリー・エアプレイ・チャートでは4月に1位を獲得している。 インターネット・マネー & ガナ feat. 今週は、オルタナティブ・エアプレイ・チャート、ラップ・エアプレイ・チャートでそれぞれ11位まで上昇し、リズミック・エアプレイ・チャートでは2位と最高位を更新している。 ジャスティン・ビーバーとJ. チャンス・ザ・ラッパー」は、先週の7位から6位に再浮上している。 エアプレイもわずかながら上昇傾向にある。 今週は、リミックス・バージョンによるアクティビティがオリジナル・バージョンを下回ったため、BTSのクレジットも外れている。

>

【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算4週目のNo.1、ギャビー・バレット&チャーリー・プース最高位更新

なお、オルタナティブ・ソング・チャートは今年の6月からスタートしたばかりで、3つのチャートを制したのも同曲が初。 一方、セールスは前週から35%減少の8,000ダウンロードまで落ち込み、デジタル・ソング・セールス・チャートでは2位から5位に下降。 チャーリー・プースがエアプレイ・チャートで1位を獲得したのは、2017年に5週をキープした「アテンション」以来約3年ぶりで、ゲストとして参加したウィズ・カリファの「シー・ユー・アゲイン feat. 一方、ラジオのオンエア数は14%増加の3,160万回に上昇し、エアプレイ・チャートでは28位から21位に跳ね上がった。 または「Dynamite」が今週3ランクダウンし5位に。 イアン・ディオール 2位「Therefore I Am(ゆえに我あり)」ビリー・アイリッシュ 3位「ポジションズ」アリアナ・グランデ 4位「アイ・ホープ」ギャビー・バレットfeat. その数か月後、をフィーチャーするシングル「Gone Girl」をリリースし、で5,000万再生を超える。 省かれたといえば。 ドン・トリバー&NAV」インターネット・マネー&ガンナ 9位「Dakiti」バッド・バニー&ジャイ・コルテッツ 10位「フォー・ザ・ナイト」ポップ・スモークfeat. 24Kゴールデンはラッパーでもあるのですが、「Mood」はロック&ソングスチャートおよびソングスチャートで8週目の首位を獲得。

>