Wordpress テーマ おすすめ。 WordPressテーマのおすすめ8選【ブログ初心者必見】

【2019年版】おすすめのWordPressテーマ50選:無料と有料まとめて紹介

設定などもほとんど必要ないという点では有料テーマがおすすめです。 Xeory Base:ブログ型テーマ サイト型テーマの「 Xeory Extension」は 企業サイトやコンテンツマーケティングに最適なテーマとなっていて、カラムの変更やレイアウトの変更も簡単にできるのが特長的。 1か月分のWEB集客メールサポートも無料でついてくるので、集客の相談が可能です。 その分コストは他のブログテーマに比べて安く手に入るので、これからブログデビューという人は始めやすいテーマですね。 ヘッダーに自社商品・サービスのダウンロード・詳細への 誘導ボタンを設置できます。

>

WordPressブログのおすすめテーマ【選び方も解説】

それでも カスタマイズできる種類も様々で、個人のオシャレなブロガー風、商品販売ページ、会社のホームページ風など、テンプレートを少しいじるだけで完成することができてしまいます。 Cocoonは シンプルさの中にセンスを感じるWordPressテーマと言えるでしょう。 HTMLやCSSはわからないけど、おしゃれなサイトにしたい方 (4)【DIVER】はなんでもできる機能性 DIVER 17,980円(税込) DIVER(ダイバー)の特徴は、 圧倒的な機能性によるカスタム性の高さです。 表示したい場所にバナーやCTAなどのコンテンツを配置• SEOとWeb制作の専門企業ペコプラの報告によれば、ジャンルにより多少割合は異なるものの、 6割以上がスマホ経由のアクセスです。 そこでこの記事では、サイトの種類別に、日本語に対応しているおすすめのテーマをご紹介します。

>

【2019年版】おすすめのWordPressテーマ50選:無料と有料まとめて紹介

そんなDiverのキャッチコピーは「ハイスペックで、ハイクオリティを保証。 読者目線のコンテンツを作ればOK• 情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない。 特徴はもちろん、 ランキングの表現が非常に美しいテーマであるところです。 Lightningの場合は同時開発された多機能統合型プラグイン『VK All in One Expansion Unit』に機能を分割する工夫がされているのも、他テーマとの違いです。 パッと見かっこよくても、SEO対策が万全でないテキトーな作りだったりする こんな感じでWordPressブログ初心者には、ハードルが高すぎるんです。 その分設定が細かいので使いこなすには慣れが必要です。 統計によれば、全Webサイトの3割以上がWordPressを使用しているということ。

>

【決定版】おすすめのWordPressテーマ無料5選+有料3選

価格 お値段は 14800円。 SEO向けWordPressテーマ 現在配布されているテーマは、メタディスクリプションやメタキーワードの設定などの基本的な内部SEOは実装されているものがほとんどです。 出典:Google公式サイト() これを要約すると下記になります。 コーポレートサイトにオススメなテーマ• (参考:) ですから、これからのWebサイト運営にスマホ表示を最適化させるレスポンシブ対応は外せません。 国内最高水準のサイト表示スピード、アフィリエイト広告などのタグを一元管理できる「 タグ管理機能」、 ランキング機能があるのも強みです。

>

【2020年決定版】WordPressテーマおすすめ6つをプロが厳選し紹介

また、このテーマはサイトの アクセス数が数十~百万PV(ページビュー)になることを前提としている、 中~大規模のブログ・サイトを運営する人向けテーマです。 欲しいテーマが見つからない場合 どうしても欲しいテーマが見つからない場合は、テーマフォレストでググってみましょう。 1.アフィリエイトに向いているWordPressテーマの選び方は? アフィリエイトに取り組むうえで、どのWordPressテーマを選ぶかによって、運営のしやすさだけでなく、サイトの特色も変わってきてしまいます。 上記リンクでAFFINGERを購入された方にはをプレゼントします。 また レスポンシブ対応済みでもあるため、PC,スマホ、タブレットでも 最適な 見た目と 操作性でサイトを閲覧することができます。 それぞれのテーマには 独自の 機能、 特色、 個性があり、稼いでいるアフィリエイターが使うテーマには、必ず 理由があります。

>

【決定版】おすすめのWordPressテーマ無料5選+有料3選

デザインに時間を割く必要なし。 株式会社イノ・コードが提供するWeb集客に強いWordPressテーマ、Emanonシリーズの無料バージョンです。 バズ部が提供するテーマということもあり、SEOにも対応。 具体的にはSTINGERプラスから、SNS連携やGoogle Analytics(グーグルアナリティクス)・Search Console(サーチコンソール)の設定などが削除されているのです。 ブログ読者のリテラシーが高い場合にオススメです。 見た目のインパクトや、無駄のないレイアウトなどヘッダーからフッターまで1pxレベルで精査されて作られています。 STINGER8は人気のテーマなので、カスタマイズの情報もネットでたくさん見つけることができます。

>