東京 保育園 コロナ。 【新型コロナ】東京都文京区の認可保育園でクラスター感染発生か?|どこの保育園?感染経路は?

保育園 感染拡大リスク「対策取れば極めて低い」東京 港区など

感染のリスクにさらされます。 現在、保健所が、疫学調査や検査、陽性患者の入院などの対応を進めています。 やめたくなります。 医療従事者のお子様ももちろん、職種に関わりなく、ご要望があればお預かりしていました。 確かに今本当にこうした世の中だから今まで以上に本当に大変、大切なお仕事について、あらためて、命を懸けたお仕事なんだなと思いしらされていますし、感謝しかありません。

>

保育所等における新型コロナウイルス対応関連情報を掲載しております。

報酬がなければ自分の命を守る為に、現場を離れても仕方有りませんよね。 私自信も、我が子を家に置いて危険な三密職場へ出かけています。 家で誰も居なく乳幼児を見られない場合に限るべきで、国はそれを前面に出すべきと思います。 ・保護者の方にはマスクを着用していただき、登降園時等で人が滞留しないようご協力ください。 私たちにも家族がいます。

>

〈反響に応えて〉「コロナで崩壊寸前の保育現場」にコメント多数 「保育士は誰が守ってくれるの?」厚労省と東京都に声を届けました

認定保育園に関する市の要綱で、閉園はその1年以上前に市に届けを出すことを定めている。 コロナ=死ぬかもという時の現場の人にその仕事に診あった報酬を与えないで、モチベーションが上がりますか? もちろん、きちんと報酬を払った会社も有るでしょう。 保育園はただ預かっていればいいではいけません。 保育園も各ご家庭にご協力頂いてはいるものの、保育が必要な子供がいる限り休園ができない。 その人たちを守るために保育園を開けなければいけない。 保育現場はスルーされているような気がしてなりません。 ちゃんと感じています。

>

〈反響に応えて〉「コロナで崩壊寸前の保育現場」にコメント多数 「保育士は誰が守ってくれるの?」厚労省と東京都に声を届けました

今、医療関係者や保健所が取り上げられているけど、保育士の現場も取り上げて欲しいです。 もちろん、そうしてしまうと、究極なお仕事の家庭 医療従事者のかたや流通、スーパーの方等々 、問題な家庭や、虐待や、DV等々の家庭は困ります。 また、都が購入した350万枚のマスクのうち、60万枚を保育所などの児童関連施設に配布しています。 今は子どもの人数が減っていることで感染リスクの面でちょっとホッとできているだけ。 でも何十家庭の方たちがご自身のお子さんを見きれないと、ただそれだけの理由で連れてくるのです。 4月17日に コロナ感染陽性の判定が出る 港区立飯倉保育園については、厚生労働省の通知に基づき、感染者を最後に濃厚接触をした翌日から2週間を目安とし4月18日(土)~4月24日(金)まで全面休園となりました。 が、そんなに今働かなくてはいけないのでしょうか?保育士の現場は小さな命の預かり場所です。

>

〈反響に応えて〉「コロナで崩壊寸前の保育現場」にコメント多数 「保育士は誰が守ってくれるの?」厚労省と東京都に声を届けました

毎日仕事に行っています。 子どもたちが大好きです。 通勤時に、感染している可能性を持っています。 。 臨時休園期間の延長 濃厚接触者等の関係により、臨時休園期間を7月22日(水曜日)まで延長することといたしました。 書類の偽造に気づかないのですから。 家庭でみるべき、それが当たり前だとわかってます。

>

【新型コロナ】東京都文京区の認可保育園でクラスター感染発生か?|どこの保育園?感染経路は?

このコロナのなかで、給料は安い、保育士の処遇改善費もいつまで出るか不安ですし、地方から出て来てくれる先生の家賃補助が五年しかでない現実を皆さんご存知でしょうか。 1日何回換気をしているか調べてどうしたいのでしょう。 しかし、アパート家賃、学費も満額支払い、損だなぁと感じもしましたが、角度をかえてみると、本当ならあと3年卒業すれば本当に親元離れてしまう……それがコロナがあり、こうして思いがけない時間を共有できて、かえって有り難く素敵な過ごし方をしたい!と料理を考えたり作りあったり、コロナ社会の様々な社会問題を話したり………。 所管保健所の見解では、当該職員について、最終の勤務日が11月27日(金曜)であり、勤務日以後の発症であることから、園児及び職員は濃厚接触者に該当しないとされております。 保育士は、いつコロナにかかってもおかしくないなー と思いながら仕事をしています。 コロナについても特に感じますが、乳児や幼児だけでなく小学生でも「3密」は不可能です。 保育士です。

>

コロナ感染恐れて保育士が続々退職 川崎の2保育園が急きょ閉園 園児21人は系列園で受け入れ

ただ、登園が減ったおかげで保育士の「自宅待機」が増え、正規職員は給与は減らないものの、パート保育士は休めば無休、先月は給与は半減以下でした。 ただ、本当に保育が必要な家庭ももちろんいます。 今回のような感染症の拡大や災害など緊急時に耐えうるだけの体力がなく、人手不足で、人材の育成も追いついていません。 ・マスクも買えない中で、保育園は開園し続けろと…。 また、保育料の還付については「家庭保育の協力要請」期間と同様の取扱いとしますので、9月以降の還付の有無については改めてお知らせします。 一日単位だけでなく、保育時間の短縮も感染の拡大防止に有効ですので、可能であればぜひご協力をお願いします。 感染リスクはみんなあるのです。

>

〈反響に応えて〉「コロナで崩壊寸前の保育現場」にコメント多数 「保育士は誰が守ってくれるの?」厚労省と東京都に声を届けました

12月1日 火曜 、陽性反応の検査結果から当該職員の感染を確認しました。 東京都で保育士をしています。 今は非常事態宣言下ですので、自ら考え行動することが大切です。 ・いつ園児がかかるか、自分たちがかかるのか、知らないうちにうつしているかもしれないなどの恐怖におびえています。 保育園は安全な場所ではないということも散々言っていますが、家で2人も子ども見られない、子どもが行きたがるから、お昼ご飯の用意が大変、家の中に閉じ込めておくより、保育園で遊ばせてくれたほうがストレスがたまらない・・・など理由を付けて連れて来ます。 ご協力いただけるご家庭に、ご協力いただける範囲でお願いするものですので、登園する場合は、本来の保育の必要性をもってどなたでもご利用いただけます。 この事を教訓に休園判断は設置者と施設長のどちらでも出来る様にしなければいけない。

>