フリード モデューロ x 2020。 フリードモデューロXの口コミと評判!メリット・デメリットまとめ

【フリード モデューロX 2020】マイナーチェンジ!発売日、デザイン、価格、変更点など、最新情報!

標識認識機能• 障害物センサー• だが全席のシート中央にスエード(調)の表皮が与えられ、その極めて高い旋回性能を堪能しても身体が滑りにくいよう配慮されている。 Modulo Xは今まで軽自動車・などの実用車をベースとしてきましたが、今回はじめてスポーツカーにModulo X を投入しました。 新型 シエンタ と比較です。 パワーステアリングの制御を見直し、高速走行時の手応えを向上• そうすることで思わぬ値引きを引き出せることがあります。 ミュージックプレイヤー接続可• もくじ• 5Lのガソリンエンジン」と「SPORT HYBRID i-DCD(スポーツハイブリッドi-DCD)」が搭載されます。 この他、新型フリードでは状況にあわせ適切なエンジンブレーキをかける「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」をホンダのミニバンで初採用し、コーナリング中にエンジン回転数をキープしてレスポンスのよい再加速を実現するほか、急な下り坂でどんどん加速してしまうのを防止。 また、専用コンビシートは汚れの目立ちにくいデジタル柄を採用することで、アウトドアの非日常感が表現されています。

Next

【2020年8月】フリード(ガソリン/ハイブリッド/B/G/クロスター/モデューロX)値引き/納期最新情報。値引き相場、値引き限界額、交渉術を紹介。納期は、約1 ~3ヶ月!

納車が楽しみすぎてヤバイです。 フロント・リヤバンパーが力強いデザインに変更 また、フロントバンパーやリヤバンパーの形状変更で力強さが増したデザインになり、2018年の時点ではモデューロXにしか採用されていないLEDフォグランプを上級グレードにも拡充するものと考えられます。 なおバンパーの変更に伴い、全長はベース車から25ミリ伸びて4290ミリとなる。 ホンダ新型フリードを試乗動画でチェック! ホンダ新型フリードは試乗動画が公開されています。 ホンダ・ヴェゼルツーリングモデューロX これまでは「X」の字となる部分をブラックアウトしていたが、新型フィットおよびフリードでは逆に「X」の字の周辺をブラックアウトするようになった。 3kgm トランスミッション:7速デュアルクラッチ式• 5Lハイブリッドが設定されています。 フリードモデューロXの最新の値引き情報 モデューロXは何十万円と値引きできる場合があることをご存じですか? フリードモデューロXは新型車ですがシンプルな値引き法があり、誰でも実行できます。

Next

Modulo X|フリード|Honda公式サイト

寒冷地仕様• ノーマル仕様のエンジンがまるでエンジンチューニングされたように感じるのは、スポーティーな走りを実現するModulo Xの専用パーツのおかげです。 オーディオに関しては9インチプレミアムインターナビ装着車を別途用意しており、その場合はオープニング画面が専用となり、モデューロXのロゴとクルマのフロントマスクが浮かび上がるという凝った演出がなされている。 モデューロXシリーズの特長である上質でスポーティな乗り味を磨き上げることでドライバーには爽快な走りを、同乗者にも快適な乗り心地の提供を目指した。 値引きの前例が少ない車だけに、待つことで状況が好転することがあります。 内装はブラック調で統一され、パネルは高輝度塗料にて上質な仕上がりで高級感を演出しています。 2020. N-BOX Modulo X(183〜202万円) N-BOX Modulo-X Modulo Xの記念すべき第1弾は「N-BOX Modulo X」で、2013年1月発売が開始され2017年8月生産を終了しました。

Next

フリード モデューロXが待望のマイナーチェンジ!! 顔もシャープに“走れるミニバン”刷新!

4つのタイヤのグリップ力を最大化するためのエアロパーツの開発にも取り組み、「ホイール」「」「エアロパーツ」にて、ベース車以上の走りを実現するパーツとしてリリースしています。 アルミホイール• ・モデューロX Honda SENSING(6人乗り):295万0200円 ・モデューロX Honda SENSING(7人乗り):297万2200円 ・ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り):325万6000円 ・ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(7人乗り):327万8000円 また上記の各仕様に、23万5400円高で9インチプレミアムインターナビ装着車(VXM-207VFNi<Gathers/専用オープニング画面>+ドライブレコーダー<フロント用/DRH-204VD 32GB キット>)も設定している。 」 「運転席の足周りは十分なスペースが確保されていてありがたい。 専用リアエンブレム(Modulo X)• グレードによって異なりますが、日産のセレナやトヨタのVOXYは280万円から300万円くらいの金額になりますので、十分競合する自動車と言えます。 専用サスペンション• どちらの素材もブラックだが、生地の質感が異なるためさり気なくメリハリが効いている。 ホイールはブラックと切削したポリッシュ面、2色のコントラストが際立つ専用デザインの15インチアルミを装備。

Next

ホンダ フリード モデューロX、「実効空力デバイス」で走りを深化

専用フロントグリル• これまでのモデューロXシリーズのデザイン上の特徴であるピアノブラックの「Xグラフィック」の考え方を進化させ、ボディ色での立体造形で「X」を表現。 実際に購入したオーナー達からも、 価格設定は「適切」という意見が多く見られています。 5ps モーター最大トルク・・・16. 2020年新型フリード Modulo Xの装備 専用フロントグリル 専用フロントエアロバンパー 専用サスペンション 専用15インチアルミホイール 専用サイドロアースカート 専用リアロアースカート 専用LEDフォグライト 専用フロントビームライト 専用リアエンブレム 専用ドアミラー 専用ブラック コンビシート 専用本革巻ステアリングホイール 専用フロアカーペットマット ガソリンタイプのフリード モデューロX ホンダセンシングの販売価格は2,950,200円から2,972,200円、ハイブリッドタイプのフリード モデューロX ホンダセンシングの販売価格は3,256,000円から3,278,000円です。 外装においてはヘッドライトやフロントグリル、バンパーが変更されたほか、リアアンダースポイラーも形状およびカラーが変更されているように見える。 0Lターボエンジンがフリードにもラインナップすると予想されていて、ステップワゴンにダウンサイジングターボエンジンが搭載されたようにフリードにも排気量の小さいVTECターボエンジンが乗ると考えられます。 「ちょうどいいホンダ」のキャッチコピーとともに登場した5ナンバーミニバン、フリードが誕生したのは2008年のこと。

Next

ホンダ フリード モデューロX、「実効空力デバイス」で走りを深化

ボディカラーは新色の「シーグラスブルー・パール」や「プレミアムクリスタルオレンジ・メタリック2」を含む9カラーをラインナップしています。 2016年に登場した現行モデルの2代目では、「知るほど!乗るほど!フリード!」をキャッチフレーズに、最新のパワートレインや大幅に剛性をあげたボディにより乗り心地や環境性能をアップ。 車線維持支援システム• また、今回のマイナーチェンジでは、新色として涼やかなシーグラスブルー・パールが追加されています。 一般道・高速道路・ワインディングなどあらゆる路面にて、ドライバーだけが運転を楽しめる車でなく、同乗者に上質な乗り心地と快適な移動時間の提供しています。 標識認識性能は東京オリンピックに向けた英語表記の標識にも対応 ホンダ・フリードは、ブランドのコンパクトミニバンとして販売され、フィットからくるセンタータンクレイアウトや4WDも選べるハイブリッドシステムなど、高い使い勝手が人気になっています。 。

Next