徳川 家 系図。 徳川御三卿~田安家・ 一橋家・ 清水家~

家 系図 徳川

元和4 1618 年生。

家 系図 徳川

葬于東福寺。

6
家 系図 徳川

有栖川宮威仁親王の王女實枝子と結婚した後、貴族院議員となり、 現みずほ銀行の前身である第一銀行取締役、華族世襲財産審議会議長等を歴任し、大正11年、37歳という若さで亡くなっています。

19
家 系図 徳川

家康の父親は 松平広忠、母親は 於大の方です。 額田との関係で徳川頼宣が登場するのは、頼宣が全国の総本社である淡島神社を改築し保護し、その甥である額田藩主第一代の松平頼元が額田に寛文元年(1661年)に淡島神社を寄進造立した由縁による。 女子を産むと御腹様といった。

5
家 系図 徳川

御切手 (おきって) 七ッ口より出入りの人々を改める役。 10月10日(1603年11月12日)辞右大臣。

家 系図 徳川

寛文12年12月18日(1673年2月4日)卒) 養女 (喜佐姫。 宝永5年12月22日(1709年2月1日)於西丸生。 慶安4年4月20日(1651年6月8日)薨。

7
家 系図 徳川

法名浄真。 母松平太郎左衛門在原信重女〔系図綜覧〕。

家 系図 徳川

応仁元年4月20日(ユリウス暦:1467年5月23日)卒63歳〔系図綜覧7日・系図纂要作康正2年4月20日(ユリウス暦:1456年5月24日)43歳〕。 光松院殿〕) (東福門院。 尾張徳川家は、現在まで残るあらゆる徳川家の中で、一番の資産家として今に至るそうです。

11