ロールスロイス ゴースト。 【国内試乗】「ロールス・ロイス ゴースト」贅を知り尽くしたロールスだからこそできる“脱贅沢”の提案

ゴースト ロールスロイス

Rolls Royce crankshafts do not go. さらに外内装の余計なディテールも削除したのです。

16
ゴースト ロールスロイス

宣伝役と言うべきを失ってからも、ロールス・ロイスの経営は堅調に継続されたのである。 物理的な技術開発だけでなく、高度なスキャニング技術とソフトウェア技術を駆使して開発されたこのシステムは、世界初のアッパー・ウィッシュボーン・ダンパー・ユニットをフロント・サスペンション・アセンブリの上部に搭載し、より安定して楽な乗り心地を実現。 ごてごてしたディテールやこれ見よがしな飾りを排除して、心から寛ぐことのできる空間を創り上げるだけでなく、素材の本質的な価値を活かし、ビスポークのカラー・パーソナライゼーションの効果を最大限に発揮させることが目指された。

7
ゴースト ロールスロイス

そこでデザインチームは車幅を30mm広げることで、さりげなく存在感を表現。

11
ゴースト ロールスロイス

今回の新型はその大ヒット作を全面刷新してデビューしたものです。 これは新たに開発されたアッパーウイッシュボーンダンパーが貢献しているという。

12
ゴースト ロールスロイス

そんな新型ゴーストの駆動方式は4WD、これに四輪操舵システム(4WS)も搭載される。 これまでのロールス・ロイスのショーファー・ドリブン志向とは一転、ドライバーズカーとしても楽しめるモデルとしたことで、同社の歴史上最も成功したモデルとなったゴーストが2代目へとバトンタッチした。 「マイクロ環境浄化システム(Micro Environment Purification System)」は、キャビンの粒子やバクテリアのほとんどを2分以内に除去する空気ろ過機能。

ゴースト ロールスロイス

【ロールス・ロイス ゴースト 新型試乗】10年ぶりの刷新 "究極の贅沢"は、"脱贅沢"から…《写真撮影 ロールス・ロイス》ロールス・ロイス新型ゴースト 栃木県日光の中禅寺湖畔にこの春オープンした、世界的に有名なラグジュアリーホテルチェーン「ザ・リッツ・カールトン 日光」で行われたのは、この度9月に発表されたロールス・ロイス新型ゴースト(GHOST)のメディア試乗会。 ゴーストは両開き式のドアを採用しており、傘はこのドアにスルッと内蔵されている。 さらにドア、ルーフ、二層構造のウィンドウガラスに挟まれた中間層、タイヤ内部、そしてアーキテクチャーを構成する大部分に、合計100kgを超える防音素材も使用している。

2
ゴースト ロールスロイス

「これまででもっとも技術的に進歩したロールス・ロイスが誕生した。 また「ファントムIV」は、の御料車としても短期間使用されている。

2
ゴースト ロールスロイス

まさに極上フィーリングだ。 以後のベントレーは1990年代までロールス・ロイスのによるオーナー・ドライバー向けで幾分スポーツカー的なニュアンスを加えたとして存続した。

15
ゴースト ロールスロイス

つまりそれ以外はイギリス・グッドウッド生まれの先代ゴーストから全てを一新させている。

13