付 和 雷同 意味。 付和雷同の意味と語源とは?類義語や反対語も紹介

意味 付 和 雷同

他人の説を鵜呑みにして、付和雷同することは良くない。 この雷同とは、雷鳴の轟きにともなって万物が共鳴や共振をするように、まるで雷に呼応するかのごとく他人の言葉に同調するさまを指しています。

意味 付 和 雷同

この章では付和雷同な人の特徴についてお伝えしたいと思います。 元々は影で怯える犬が吠える事で、他の犬もそれに応じて一気に吠え出す言葉を表します。

意味 付 和 雷同

この付和と雷同を合わせた付和雷同の意味は、「自分自身にしっかりとした意見をもたずに、他人にすぐ同調すること」です。 「付和雷同」の漢字 「付和雷同」は「附和雷同」と書く場合もあります。 現在も同じ意味として使われていますね。

1
意味 付 和 雷同

付和随行(ふわずいこう)とは、自分の主張がなく、ただ他の人の主張に従って行動することを言います。

19
意味 付 和 雷同

人の意見に賛成するだけなら悪いことではありません。 付和雷同を全否定するつもりはありません。 「君はいつも付和雷同だ。

12
意味 付 和 雷同

付和雷同を痛烈に批判した文章としては、福沢諭吉の「 丁 てい 丑 ちゅう 公 こう 論 ろん」が有名です。