更年期 漢方 ツムラ。 更年期の漢方|「手足のしびれ」に役立つ漢方薬とは?

漢方 ツムラ 更年期

漢方の診察では、独自の「四診」と呼ばれる方法がとられます。 は、 比較的体力がある人の肩こり、のぼせ、めまい、不眠症、精神不安、高血圧症、動脈 硬化、脳卒中、鼻出血、痔出血、便秘、血の道症、更年期障害、月経不順、月経困難、 などに用いられます。

14
漢方 ツムラ 更年期

前立腺がんや前立腺肥大・睡眠時無呼吸症候群などがある人や、子どもを希望している場合などホルモン補充療法ができなかったり難しいケースもあるので注意が必要です。 詳しく、ご紹介していきましょう。 <更年期障害とは> ホットフラッシュ、動悸、頻脈、発汗、手足の冷え、イライラ、不安、落ち込み、抑うつ、不眠、意欲の低下、集中力の低下、肩こり、腰痛、食欲不振、吐き気、おう吐、不正出血、月経量の異常、性交痛、外陰部の違和感、頻尿、排尿痛、のどのつかえ感、頭痛、肥満、やせ、むくみ、体の違和感(アリが這うような感じ)など <更年期障害の治療> 漢方医学の視点 不定愁訴の治療は漢方治療がもっとも得意とするところです。

漢方 ツムラ 更年期

胃腸を整え、精神を安定化する作用もあります。 副作用が少なく有効性が高く期待されている治療が「漢方薬」なのです。 漢方では、それぞれの必要なものが不足している状態を「気虚(ききょ)」「血虚(けっきょ)」「津虚(しんきょ)」、また、流れが滞っている状態を「気滞(きたい)」「血瘀(けつお)」「水滞(すいたい)」と呼んでいます。

漢方 ツムラ 更年期

「不定愁訴」(ふていしゅうそ)とも呼ばれる症状で、女性に多い不調のひとつ。 しかし、これらの症状が実は複雑に絡まっていた場合、症状をもぐらたたきのように1つ1つ潰したとしても、 根本が改善されていないので、どうもすっきりしない…ということに繋がりやすくなります。

漢方 ツムラ 更年期

耳鳴りは、メニエール病や老人性難聴などの耳の病気が原因で起こることもありますから、まずは、病院で検査する必要があります。

17
漢方 ツムラ 更年期

よく寝ているはずなのに、疲れがとれない。 ちょうど、閉経する時期と同じです。 全身のツボが集中している足裏から、体にたまった毒素を排出する「足裏ヘナ療法」です。

12
漢方 ツムラ 更年期

漢方相談は高額で保険適用にならない 2000年は全国の産婦人科の外来で更年期の薬として漢方薬を出した事例は13. 効果的な漢方薬治療と対策 東洋医学で男性更年期障害は、生命活動の源となるエネルギー(腎気)を蓄え、成長や生殖などに関わる「腎」と関係が深いと考えます。

15