鳥 レバー の 下 処理。 鶏レバーのエスニックソース

の 鳥 下 処理 レバー

レバーの臭みの原因である血の塊を、包丁の先でやさしく取り除いておきます。

4
の 鳥 下 処理 レバー

《作る際のポイント》 鶏レバーは新鮮な物を使用し、丁寧な下処理を行うことで、臭みを取り除くことができます。 ときなどは、滑らかにするためになるべく筋を追っかけて、取り除くのですが、今回は なるべく形を崩さないように包丁を使って切るようにして掃除をします。

の 鳥 下 処理 レバー

レバーには血合いなど不要な部分があります。

19
の 鳥 下 処理 レバー

香りがたってきたら酒、オイスターソース、しょうゆ、三温糖、スイートチリソース、おろししょうがを入れて混ぜ、火を止める。

10
の 鳥 下 処理 レバー

沸騰した湯で茹でる場合は、レバーを入れて、再び沸騰したら火を止め、そのまま蓋をして3分おくと丁度よい茹で具合になります。 1時間以上付けておいたほうが、臭み消しの効果は高いと思いますが、時間のない時でも30分でも15分でも浸けておいたほうがいいです。

4
の 鳥 下 処理 レバー

レバーの臭みとパサツキを予防する茹で方 レバーは、食中毒やウィルス性肝炎に感染することがあるため、できる限り生での摂取は避け、加熱処理(焼肉やソテー、煮物など)をします。 そういったものは鮮度が落ちているので臭みが出やすかったりします。 スポンサーリンク 慣れれば数分で出来るので簡単ですよ。

の 鳥 下 処理 レバー

昔に流行った白レバーなんかこれですね。

10
の 鳥 下 処理 レバー

エスニックソースを作る にんにくは半割りにして芯を取り除き、みじん切りにする。 新鮮なレバーならこれで約2、3週間はもつでしょう。